自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

■人付き合い

近年稀に見る強力な衝撃波を受けた件(どうでもいいことだけど…)

この事実を知ったとき、なんとも割り切れない気持ちに陥り、しばらく惚けてしまった。どういう感情なのか自分でもよく分からないけど、まあショック、、ということなのだろうか。今でも心の中がぐちゃぐちゃに散らかって、土でも撒かれたみたいにざらついて…

”女子会”を見直した夜。同性ならではの楽しさがある

30も超えてとうに女子という年齢ではないことも承知だが、あえて女性だらけの会を”女子会”と言わせてもらうと、やっぱり同性同士のおしゃべりは楽しい。 女子会は女子会ならではの、正しい楽しみ方があるんだなと分かった夜だった。 飲みに行ったのは会社…

「ナイルパーチの女子会」柚木麻子 と私の友人関係について

なんとなくストーリーは知っていたけど、実際に読んでみてここまで衝撃的なストーリーかとびっくりしたよ。 「ランチのアッコちゃん」と書き手が同じだとは思えないほど。どっちが本人に近いのか分からないけど、どっちの面も持っているんだろうな。 いやー…

女が女を攻撃するのは、どうしたって自分のネガティブキャンペーンにしかならない

女性だけに当てはまるわけではないけれど、相手がいないところでその人を攻撃すると、どうしたって周りに対して自分の評価を下げることになると思う。特に、その問題や事実以外の、相手の人格や外見にまで攻撃が派生すると、周りは逆に引いてしまうよね。だ…

ウツを抱える人と働くという事

以前から知り合いで、ただ2年近く直接連絡していなかった友人が、偶然同じ会社に入社した。しかし、最近急に会社に来なくなった。本人からの連絡によると”ウツ病が再発してしまった”とのこと。 ウツ病の人はこれまでもいたけど、こんなに身近に、しかも隣の…

女性のナイーブな話

職場に40代の女性の先輩がいる。独身・未婚で、現在彼と2年くらいの同棲中。 今の彼女を見ている限りの予想だが、モテてきた性格・容姿ではない。仕草や言葉遣いに女性っぽさがなく、いつもスッピンで、服装もデニムにTシャツなどという男性のような格好…

帰省した、いつものお盆

金曜の夜に実家へ帰り、日曜に東京へ戻ってくる。お盆はいつも帰省する。家族イベントっていう認識だ。 実家に帰って、両親とごはんを食べて、近況や他愛ない話をして、お墓参りに行って。今回も特に変わった事はなかった。 ひとつ違うのは、親戚がいなかっ…

この会社の飲み会には参加しないと決意したよ

今ベンチャー企業に勤めているのだが、半年に1回くらいのペースで全社での懇親会的な飲み会が開催される。費用は会社持ちなので、参加したのだが、とーーーーーーってもつまらなかった。 元々社交的ではない私も悪いんだけど、オフィスでは一切話さない人た…

使う人と使われる人

以前の知り合いが、偶然同じ会社に入社してきた。予想外すぎて驚いたけど、まあまあ今のところそれなりにうまくやっている。元々苦手というか距離が必要な人だったんだけど、仕事だけで付き合うならまあOK。 私が会ったのが2・3年くらい前かな。数人で遊ん…

こんな40代(女)はいやだ

これまでに仲が良くなったり仕事でよく関わるようになった数少ない40代女性、ふたり。そのふたりに共通点が多かったのでめもしておく。 まずプライドが高い。この職について○年間やってるから、私の言う事聞かないから失敗したんだよ、私はそう思ってたけ…

2次会に行く・行かないの微妙な駆け引きが意味不明

ほんとにさ、毎回思うんだけど、飲み会が終わってさあ帰ろうか、みたいなときに2次会に行きたい人ともう帰りたい人の、微妙なやり取りとその時間がとてつもなく嫌い。 2次会に行きたい人も帰りたい人もいる。幹事みたいに引っ張れる人がいない場合、グダグ…

お金の貸し借りが嫌い

気軽にお金を借りる人ってたまに見かけるけど、私は数百円でも嫌なタイプ。なんでだろうな、そういう教育を受けたのかな。不思議と学生の頃からそんな性格だった。 お金だけじゃないよ。基本的に貸し借りするのが苦手なのかも。 というか、必要なものは自分…

心の拠り所は占い

占いが好き。悩んだり不安になったりするときには占い本を欲してしまう。 最近も各種雑誌で下半期の運勢的なテーマが発売されてきたので購入。 元々、人との根本的なコミュニケーションが苦手で、悩み事の相談とかができなかった。本当に悩んでいることは解…

負けず嫌いで自信がある子

こういう子は人のアドバイスを聞かない。 年齢も経験も上回る人の意見を聞かなくて、どれだけチャンスをロスしているのか分かっているのだろうか。 あと、”分からなければ説明してあげるよ”の意味で、”分かる?”って説明の合間に聞いてあげているのに、絶対…

嫉妬は暇人がするもの

いくつになっても嫉妬してしまう瞬間はあるもの。後で思うと全然大した事じゃなくて、何であんなことに心がざわついていたんだろう…って思うけど。 今回は恋愛ではなく仕事でね。まだまだ社会人経験も専門スキルの経験もない子が、運良く結果が出てちやほや…

緊張感が走るとき

女友達と数人で集まっているとき、緊張感というかなんだかみんながピクっとする瞬間があって、その対処法の最適解がまだ分からない。 その小さな事件が起きたのは、女友達5人でお茶していたとき。ひとりは既婚者で去年出産、さらに他の4人よりも10才くら…

あの人もいつの間にか37才になっていた

前々職で出会った女性の先輩、当時33才。仕事はともかく、性格が全然合わなくて一緒に仕事するのがすごく大変だった。結局その人との関係が一番のきっかけで転職することにしたんだ。 毎日顔を合わせていた時は本当に嫌で嫌で、出社するのが憂鬱だったし、…

小さいことだけど後悔しないように

レストランやカフェなど、ひとりで入るお店で一番重要なことは店員の接客。何人かで入店したときなら気にならないことも、ひとりでいると細かなところまで気になってしまう。 先週ランチでそばを食べたくて、一度先輩と行ったそば屋さんに。ランチが一巡した…

自分の意見をころっと変える人

仕事をするようになってからもまだ慣れないことがあって、そのひとつは”ころっと自分の意見を変える人”を目の当たりにすること。今の会社にもそういう人がいて、イラつくのもあるし苦笑するのもあるし呆れるのもあるし可哀想だし、いろいろ思う。 一番身近な…

怒る労力をかけるに値する相手か選別してしまう

怒るって感情はとにかく疲れる。関心のある相手にじゃないとなかなかできない。最近怒ることをあきらめたことがあった。 会社にいる10歳近く年下の女性。新入社員のときにちゃんと教育してもらってないようで、さらにちょっとかわいいから小さい頃からちや…

クソつまんない飲み会で得たもの

事業立て直しに伴い体制も変更し、去る人もいれば新しく入った人もいた。これからもまだ変わるだろうけど、一応新体制メンバーで決起会的な飲み会を開催。歓迎会などのオフィシャルな会以外での、ひさしぶりの同僚飲み。 それはそれはいとつまらないものでし…

ワンナイトを嬉しそうに報告してきた馬鹿な既婚男

20代既婚者子持ちの同僚がいる。出社すると朝一で嬉しそうに報告してきた。 「こないだ合コンしたんですけど、最後までイケました!早く誰かに話したくって。」 馬鹿じゃないのか、こいつは。。 この男は以前から、男はみんな浮気するもんだ、チャンスがあ…

SNSがきっかけで周りの信頼を失うこともある

今の会社にいる20代メンバーは、会社名だけでなく個人名を検索してその人の写真をすぐに検索しようとする。個人的にはそんなことほとんどしたことないので、その反射的な行動にびっくり。 私がやらない理由は、そんなん知ってどうするの?という疑問が一番…

苦手な先輩

私は直感が冴える方だと思っている。苦手な人についても直感が働いて、無意識にその人を避ける。最近その直感が正しかったと思うことがあって、こっそり喜んだ。 その苦手な相手は、習い事の先輩。もう10年以上続けているのかな。36歳くらいの女性で先生…

無理に付き合わない・合わせない

どんなに盛り上がっていても無理に付き合わずに帰る。そうすることで、相手のことも自分のことを嫌にならないで済んでいる。これが私が人とうまく付き合うコツ。 社交的に見えるけど、本当は人見知りでコミュニケーション下手な私。若いときは遊び足りなくて…