読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

小さいことだけど後悔しないように

レストランやカフェなど、ひとりで入るお店で一番重要なことは店員の接客。何人かで入店したときなら気にならないことも、ひとりでいると細かなところまで気になってしまう。 先週ランチでそばを食べたくて、一度先輩と行ったそば屋さんに。ランチが一巡した…

自分の意見をころっと変える人

仕事をするようになってからもまだ慣れないことがあって、そのひとつは”ころっと自分の意見を変える人”を目の当たりにすること。今の会社にもそういう人がいて、イラつくのもあるし苦笑するのもあるし呆れるのもあるし可哀想だし、いろいろ思う。 一番身近な…

怒る労力をかけるに値する相手か選別してしまう

怒るって感情はとにかく疲れる。関心のある相手にじゃないとなかなかできない。最近怒ることをあきらめたことがあった。 会社にいる10歳近く年下の女性。新入社員のときにちゃんと教育してもらってないようで、さらにちょっとかわいいから小さい頃からちや…

クソつまんない飲み会で得たもの

事業立て直しに伴い体制も変更し、去る人もいれば新しく入った人もいた。これからもまだ変わるだろうけど、一応新体制メンバーで決起会的な飲み会を開催。歓迎会などのオフィシャルな会以外での、ひさしぶりの同僚飲み。 それはそれはいとつまらないものでし…

ワンナイトを嬉しそうに報告してきた馬鹿な既婚男

20代既婚者子持ちの同僚がいる。出社すると朝一で嬉しそうに報告してきた。 「こないだ合コンしたんですけど、最後までイケました!早く誰かに話したくって。」 馬鹿じゃないのか、こいつは。。 この男は以前から、男はみんな浮気するもんだ、チャンスがあ…

SNSがきっかけで周りの信頼を失うこともある

今の会社にいる20代メンバーは、会社名だけでなく個人名を検索してその人の写真をすぐに検索しようとする。個人的にはそんなことほとんどしたことないので、その反射的な行動にびっくり。 私がやらない理由は、そんなん知ってどうするの?という疑問が一番…

苦手な先輩

私は直感が冴える方だと思っている。苦手な人についても直感が働いて、無意識にその人を避ける。最近その直感が正しかったと思うことがあって、こっそり喜んだ。 その苦手な相手は、習い事の先輩。もう10年以上続けているのかな。36歳くらいの女性で先生…

無理に付き合わない・合わせない

どんなに盛り上がっていても無理に付き合わずに帰る。そうすることで、相手のことも自分のことを嫌にならないで済んでいる。これが私が人とうまく付き合うコツ。 社交的に見えるけど、本当は人見知りでコミュニケーション下手な私。若いときは遊び足りなくて…