自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

■本・映画ログ

「校閲ガール ア・ラ・モード」宮木あや子

以前読んだ「校閲ガール」の2作目。 「校閲ガール」宮木あや子 - 自意識過剰な生活 校閲ガール ア・ラ・モード 作者: 宮木あや子 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/12/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 今回の主人公…

「真夜中にシュークリーム」はあちゅう

noteで先に読んでいるものだけど、紙で読むとまた違った感覚で面白かった。 真夜中にシュークリーム 作者: はあちゅう 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2016/02/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る noteで配信されているコンテンツを紙…

「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」尾形真理子

恋に悩む女性たちの物語。短編まとめで、渋谷のセレクトショップが必ず出てくる作品。 試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫) 作者: 尾形真理子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/02/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る…

「ランチのアッコちゃん」柚木麻子

これは以前読んだ事があると思ったんだけどなー。読んでも思い出せなかったから勘違いだったかも。 ランチのアッコちゃん (双葉文庫) 作者: 柚木麻子 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/02/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (15件) を見る こうい…

「校閲ガール」宮木あや子

いつも通り図書館にて。 校閲ガール 作者: 宮木あや子 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー 発売日: 2014/03/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る んーなんだろ。読んだ後、特に強い感情は湧かなかった。普通に楽しい本って…

「本当は結婚したくないのだ症候群」北条かや

これ読んだ。思わず書店でタイトル買いしたやつ。北条かやも気になっていたので即購入。 本当は結婚したくないのだ症候群 作者: 北条かや 出版社/メーカー: 青春出版社 発売日: 2016/01/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 出…

「残り全部バケーション」伊坂幸太郎

読み始めると、”ん?この話知ってるぞ??”、と。でも読んだ記憶が全然ないんだよなー。大体あの時の〜とか、あーこれ買ったわ、とか思い出すんだけど、これだけは一切覚えていない。 残り全部バケーション (集英社文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: …

「虚ろな十字架」東野圭吾

今週末も東野圭吾。最近毎週末は必ず1冊読んでいる。本当は平日にも分けて読みたいけどな。週に1冊くらいのペースで読んでいきたい。 虚ろな十字架 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2014/05/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品…

「祈りの幕が下りる時」東野圭吾

けっこう分厚かったけど、3時間か4時間くらい?全然苦にならない程度に読み切れた。こんなに長いストーリーなのに全然飽きなくて、本当に作家さんってすごいな。頭の中の構造はどうなっているんだろ。 祈りの幕が下りる時 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー:…

「ダ・ヴィンチ・コード」ダンブラウン

なつかしのダ・ヴィンチ・コードを文庫本で読みなおした〜おもしろかった〜! ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫) 作者: ダン・ブラウン,越前敏弥 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/03/10 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 63回 この商品を含む…

「昨夜のカレー、明日のパン」木皿泉

タイトルがものすごくタイプで以前から気になっていた本。やっと読んでみたけど、案の定、中身もタイプだった。 昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫) 作者: 木皿泉 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/01/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ …

「永遠をさがしに」原田マハ

この本もすごくよかった。 永遠をさがしに 作者: 原田マハ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2011/11/18 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る 後半部分は号泣を交えつつずっと涙目で読み疲れたよ。そして発作的に私も楽…

「社会人大学人見知り学部 卒業見込み」若林正恭

以前からいつか読もうと思っていた本。twittterで又吉さんがおすすめしていたのを見つけて、やっとポチった。文庫本が出ていてラッキー。 完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫) 作者: 若林正恭 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリ…

「黒笑小説」東野圭吾

以前「百夜行」を読んだわけですが、ネットで”白夜行3部作”なんて言われているのを見かけて、この本も読んでみた。この本は短編集になっていて、お目当ては「シンデレラ白夜行」。 黒笑小説 (集英社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2…

「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉

こちらも図書館で借りて読んでみた。小説がすごく売れて、ドラマか映画化されたのでタイトルは知っていたけど、読んだのは初めて。 謎解きはディナーのあとで (小学館文庫) 作者: 東川篤哉 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2012/10/05 メディア: 文庫 クリ…

「何者」朝井リョウ

朝井リョウの本は初めて。テレビでのインタビューを見て気になっていた人。まだ若いし、社会人経験もある作家さんということは知っていた。 あとは「桐島、部活やめるってよ」をもじっていろいろ使っているので、いつもお世話になっています感あり。 何者 (…

「白夜行」「幻夜」東野圭吾

ずっと読みたかったこの2作。 文庫本だけれども分厚すぎるこの2冊は、 買った後にしばらく手元で寝かせてしまった。 でも読み始めたら止まらなくて、それぞれ2日以内で読了。 白夜行 (集英社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2002/0…