読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

「永遠をさがしに」原田マハ

この本もすごくよかった。 永遠をさがしに 作者: 原田マハ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2011/11/18 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る 後半部分は号泣を交えつつずっと涙目で読み疲れたよ。そして発作的に私も楽…

「社会人大学人見知り学部 卒業見込み」若林正恭

以前からいつか読もうと思っていた本。twittterで又吉さんがおすすめしていたのを見つけて、やっとポチった。文庫本が出ていてラッキー。 完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫) 作者: 若林正恭 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリ…

「黒笑小説」東野圭吾

以前「百夜行」を読んだわけですが、ネットで”白夜行3部作”なんて言われているのを見かけて、この本も読んでみた。この本は短編集になっていて、お目当ては「シンデレラ白夜行」。 黒笑小説 (集英社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2…

「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉

こちらも図書館で借りて読んでみた。小説がすごく売れて、ドラマか映画化されたのでタイトルは知っていたけど、読んだのは初めて。 謎解きはディナーのあとで (小学館文庫) 作者: 東川篤哉 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2012/10/05 メディア: 文庫 クリ…

「何者」朝井リョウ

朝井リョウの本は初めて。テレビでのインタビューを見て気になっていた人。まだ若いし、社会人経験もある作家さんということは知っていた。 あとは「桐島、部活やめるってよ」をもじっていろいろ使っているので、いつもお世話になっています感あり。 何者 (…

「白夜行」「幻夜」東野圭吾

ずっと読みたかったこの2作。 文庫本だけれども分厚すぎるこの2冊は、 買った後にしばらく手元で寝かせてしまった。 でも読み始めたら止まらなくて、それぞれ2日以内で読了。 白夜行 (集英社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2002/0…