読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

人生で2回目の寝坊

つい先日、生まれて2回目の寝坊をかましてしまいました。

f:id:sallychan00:20141101155738j:plain

 

親の教育の成果なのか、小さな頃から時間に遅れることは悪いこと、という意識が強いせいか寝坊どころか待ち合わせや開始時間に遅れたことはありません。損している気がしつつも余裕を持って待つ方が安心なのです。

 

初めての遅刻は社会人3年目か4年目あたり。前日に先輩と飲んでほろ酔い程度で電車で帰りました。至って日常の行動ですが、なぜか翌日10時のアポイントに10時10分起床。お客さんとの待ち合わせだったので寝ぼけたままとにかくすぐに電話で平謝り。なぜか待っていてくれることになり急いで向かったものの、20歳くらい年上のおじさまに心配している振りしてwネチネチと怒られました(病気なのかと思った、いつもこんな感じなのか心配になった…とかストレートに怒ってくれませんでした)。仕事というか合コンで会った人と情報交換程度のアポだったので会社に損失が出たとかはないのですが、とにかくこの時は頭が真っ白。。急がなきゃいけないのに頭が回りません。”まさか、そんな自分が?、、あー起きられなかったのね”みたいな放心と驚愕と冷静が混ざったような感じ。

 

今回は朝起きたら11時。。うつらうつらと今日は目覚ましが鳴る前に目が覚めたなー余裕だな、と思ったのは覚えています。そこからまた一眠り。なんだか暑いと思って目が覚めると、10時過ぎのメールが。なんで?と思ったら時計は11時。いやーこれも最初は信じられませんでしたよ。時計が壊れた?とも思ったくらい。これまた放心しつつも冷静に当日のスケジュールを思い出す。幸運にもお客さんとのアポは入っていなかったのですが、上司と朝一で話したいとお願いしていた日でした。上司は午後から出張のため朝時間をおさえていたのに。。電話するとすでに移動中で電話はつながらず。メールで寝坊をお詫びしました。。はぁ、なんてこった。もはや目覚ましをかけたのかかけていなかったのかすら覚えていません。

 

言い訳をすると、風邪気味で体調が悪かったんですね。微熱が続いていました。あとはその前の日にどうにも強い負のエネルギーを浴びたので心身ともに疲労していました。こんなこと言っても虚しい限りですが。

 

ということで、もう寝坊はしないように気をつけよう!3度目はない!!