読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

ジムの七不思議(1つ目)

個人的な

がんばってます、ジム通い。

まだ1ヶ月も経っていませんしね。今のところまったく見た目に変化はありませんが、筋肉痛がないと物足りなく感じるようになりました。

ただ、食事がねー。。気をつけているものの、どうしても”ま、いっか”が発動してしまいます。食事も合わせたトレーニングなので、なんとか踏ん張りたいところ。

 

f:id:sallychan00:20141115200813j:plain

 

 

ところで、最近ジムでどうしても解せない状況に遭うことがありました。今のところ2連続で起こっています。(※超大したことない話ですが、私的七不思議です)

 

何かというと、ジムのロッカーの利用について。

ジムのロッカーはこんな感じのベタな2段のもの。

f:id:sallychan00:20141115201245j:plain

 

受付でロッカーキーをもらったら、鍵がついている(使われていない)好きな場所を選んで利用します。鍵を見ればどの辺りが使われているのかすぐ分かるんですよね。

そこで、私は(1)今利用している人の隣は避ける、(2)なるべく周りが使われていない場所を選ぶ、の2点を意識しています。

ロッカーが隣同士だと扉の開け閉めも気を遣うし、ロッカーの前にベンチがあるのですが、十分に使えないじゃないですか。できればひとりで十分なスペースを使ってゆっくり着替えたい。5分もせずに着替えを済むのですが、やはり気になるのです。

 

とろこが!このところ2連続で起こった事件とは、、2回とも私の隣のロッカーを使う女性が現れたのです!!!後から来て私の隣へ!!!唖然ですよ(オオゲサw)、唖然。まだ鍵がついているロッカーは半分以上あり、わざわざ今着替えている私の隣のロッカーを使うことはないだろうに。私の数個隣にもおばさまが着替えていたので、その女性は2人の間にあえて入ってきて着替え始めたのです。。

 

うーん。。これはなぜでしょうか。私がやや神経質気味なのは自覚があるのですが、わざわざ人の隣のロッカーを選び、狭そうに隣を気にしながら着替えるなんて。。

ロッカーはこの番号!と決めているとしか思えない。。

 

これから私の「ロッカー番号を決めているおばさまたちを避ける戦い」が始まります。

ジムの七不思議、これにて終了。