読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

狭小スペースストレス

今の会社はオフィスが2つあって、私が所属する部署は支社の方。もちろん社長や役員たちは本社にいるわけで、まだできたばかりの小さな支社にはほとんど来なないし、正直自由な環境だった。基本的に22時くらいまではみんな会社にいたけど、精神的には上司がいないことは楽チンだったと思う。

 

f:id:sallychan00:20160423171445j:plain

 

ところが急遽あがった引っ越し案。支社の事業部を丸ごと本社の別事業部とチェンジ!その案を聞いた日の夜に、引っ越しが実施された。急だよね、すぐやるのね。入社して間もないので特に荷物もないけれど、引っ越しはやっぱり面倒だわ。

 

支社のときに使っていた机は、広めのスペースに袖机付きのスタンダードな形の机。しかも私の机は独立していて、壁際だったので前も隣もいない、すんごい楽なポジションだった。最初こそ壁向きですか??って軽く疎外感も感じたけど、仕事が始まってからは、話したい時だけ後ろを向いて話に入ればよくって、無駄なおしゃべりに巻き込まれることもなくマイペースに仕事ができた。この環境はとても恵まれていたんだなー、今思うと。

 

本社の机は、家用の机ですか?っていうくらい奥行きも幅も狭い。さらに袖机もない。配置はもちろん向かい合わせ。よって、前も横もすぐ隣に人がいる感覚。。足を伸ばせば前の人とぶつかるっていう狭小スペース。

他人とのこの距離感、半端無くストレス。私は特にこの距離が近いのが嫌いで、引っ越し直後はとにかく毎日体が疲れた。筋トレし始めたんだけど、それも休もうかなと思うほどなぜか体が疲れていた。一日中オフィスにいたのにも関わらず。

 

今後、会社の全机をこの小さい机に変えて、省スペースにする予定らしい。前にもベンチャーにいたけれど、さすがにこんな酷な環境ではなかったぞ。社員の働く環境は優先的に整えてくれていたけどな。インテリアとか受付スペースに金かけるなら、少しは社員の作業スペースを考えてくれよ。