読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

「校閲ガール ア・ラ・モード」宮木あや子

以前読んだ「校閲ガール」の2作目。

「校閲ガール」宮木あや子 - 自意識過剰な生活

 

校閲ガール ア・ラ・モード

校閲ガール ア・ラ・モード

 

 

今回の主人公は、校閲ガールの悦子ではなく、悦子の周りの人たちが主役のストーリーが1章ずつ続いていく。読みやすいし、軽い内容だし、さらりと読めた。個人的には悦子が主人公の1作目の方が好きだな。1章だけじゃ理解して共感するまでには至らないから、表面的な感想しか持てなかった。

 

体が疲れていて、心にも頭にも重いものは嫌だったけど、何か本を読みたいときにぴったり。バッドエンドじゃないしさくっと読めた。何かを得たわけじゃないけれど、暇な時間を埋められたと思う。

 

これくらいなら私にも…?とか一瞬思ったけど、すぐになんて浅はかな考えなんだって思い直した。作家さんはすごいと思う。読んであーだこーだ言うだけの人とは次元が違うところにいるんだろうな。