読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

信頼度と期待度を一気に獲得する方法

先週立て続けに同じようなことが起こった。

フリーランスになる人なんて、自分のやりたいことや得意なことを優先させて働いているんだろうなと思っていたけれど、それは大きな間違いだし、勝手な思い込みだったみたい。

 

f:id:sallychan00:20160611194056j:plain

 

今やっているプロジェクトで、フリーランスの数人と取引がある。中でも企画からお願いしている人は2名いて、その人たちとは定例会議をしているんだけど、そこで初めて気づいたんだ。

これまではこちらからお願いした企画で対応してもらっていたけど、まだまだプロジェクト自体始まったばかりだし、やりたいこととか得意なことがあればこのプロジェクトを使うつもりで好きにやってもらっていいと思って、そんな提案をしてみた。

2名のうち、ひとりはすでに好き勝手やっているのだが、もうひとりがイマイチ言われたことしかやっていないように感じていた。

しかし、相手からの反応は、特になし。急に言われても…って困った感じ。言われたことはしっかりやるけど、アイディア出しとか自分から提案することはできないし、考えてもいなかったみたい。

 

そして次の日。また違うフリーランスの人と打ち合わせ。そちらは上記の2名よりも経験が浅いし若手だけど、学生の頃に思い立ってその道で生きていこうと決めた子。やる気ありそうよね。

この子にも同じように好きなことをしてもらって良いと伝えると、今度ははっきりと”今は特にやりたいこともないんですけど…”と答えが。

 

どちらも女性。ひとりは完全フリーランス。もう一人はバイト+フリーランス。そんなんでいいの?やっていけるの??

 

やりたいこと・得意なこと・自信があること・アピールできること、これって誰かに聞かれてすぐ言えるようにしておくだけで、どれだけ信頼度と期待度が得られることだったのか。自分がオファーする側になってみて、はじめてこの重要さに気付いた。

 

私には何もないと思っていたけど、案外みんなそうだった。そんなんでもフリーランスで食べていけるって知って、私にもできるのでは?と思えた。

どうせならマイナス面での自信ではなく、プラス面での自信が欲しいが。これを常に意識しておくだけで、大多数の人より一歩リードできるってことだ。

実は、私も何か聞かれたときにすぐに答えられるように考えを整理しているんだ。チャンスを逃さないし、掴みにいくのだ。