読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

「自分の小さな「箱」から脱出する方法」アービンジャーインスティチュート

■本・映画ログ

図書館で半年近く予約していたもの。やっと順番が回ってきたよーそしてタイミングが良かったので、珍しく積ん読せずにその日中に読み終えた。

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る
 

 

なんでこの本に興味を持ったのかというと、ラグビー日本代表・五郎丸選手がこの本を読んだとか、読んで実践したとかいう話を聞いたからだったと思う。

実際に新刊で買おうとしたらAmazonで売り切れだったし、ランキングに入っていた気がする。

 

実際に読んでみて、たしかにこの本はとっても有用な本かと思った。自己啓発本なんだけど、物語風になっているから説明されている感はないし、サクサクと進めていけるよね。

内容についても、自分に目を向けることが主軸なので、あとは実践するだけ。

 

大概の自己啓発とかノウハウ系の本は、実践しないと意味がない。読んだ時間は無駄になる。少しでも実践して、さらにそれをやり続けることで価値が出る。

と分かっているけど、これもまた実践が難しい。