読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

実年齢より若く見られるようになった

■からだづくり・美容 ■働くこと

20代の頃から実年齢より少し上に見られることが多かった。初対面の人とかショップの店員さんからよく言われたな。

実際に自分でも、顔の雰囲気だかスタイルだか何かしらが原因で、カジュアルなファッションが似合わないと思っており、OLっぽい格好の方がしっくりくる。

 

f:id:sallychan00:20161009141419j:plain

 

いつまでもこんな感じかなと思っていたのだけど、最近は変わってきた。

30歳を過ぎた頃から少し若く見られるようになった。今30代前半なので、数歳若く見られると20代になる。ついこの間も「いくつでしたっけ?」ではなくて、「二十何歳でしたっけ?」みたいな形で質問された。さらには他の人にも「絶対に20代だと思ったー」みたいな反応をされたり、なんだか最近おかしい。お世辞かとも思うけど、けっこう辛口の女性の先輩方なのでそう本当にそう思ったのかなと。

 

自分では30歳前くらいから肌の調子があきらかにそれまでと変わってきたことを実感しており、以前よりもいろいろと気をつけるようにしている。冬はオフィスの乾燥に耐えきれず粉をふくようにかっさかさになるのでスチームを買ってみたり、最近は肌に潤いを加えるためにハンディタイプの美顔器を買った。基礎化粧品は相変わらずドラッグストアのものだけど、寝る前はベタベタに保湿して寝たり、ホウレイ線対策に顔の筋トレも毎日実施。しかし、どれも効果テキメンとはいかないのよね。そしてもう元に戻ることはないんだろうな。汚い・老けたという言葉が似合わないような綺麗さ・清潔さを保てたらなーと思っている。これからの道のりは長いよ。

 

ということで、若く見られるのは女性ならほとんどの人は嬉しいのではないかと思う。もちろん私も嬉しい。ただし、プライベートなら何も考えずに喜べるんだけど、仕事ではちょっと考えものだなーと思った。

若く見えるってことは、あんまり仕事で活躍してなさそうに見えるのかなと勘ぐってみたり。責任ある立場でないというか、自立してなさそうに見えるというか。

とにかくなめられているようで、若いって言われても嬉しいとイマイチが半々の微妙な気持ちだった。まあ今回はそこまで意図したものではないと思うけど。

 

こんな風に思うのは初めてだったので自分でも驚いたけど、今の仕事に対してプライド的なものが持てるようになったのかなと思ったよ。

実年齢に適さないメイクやファッションをする若作りは恥ずかしい、実年齢よりも人工的に若すぎる見た目の美魔女は気持ち悪い。綺麗に年を重ねていけるように見た目にも気をつけよう。