読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

「無所属女子の外交術」はあちゅう監修

■本・映画ログ

これ読んでみた。いつの間にかけっこうなはあちゅうファンなんです。。

 

無所属女子の外交術 (単行本)

無所属女子の外交術 (単行本)

 

 

自己啓発本って感じ。20代中盤頃だったら一生懸命読み込んでいたかもしれないけど、なんだかこの頃はこの本に限らず自己啓発系の内容が全然自分の中に染み込んでいかなくなった。

一時期ビジネス本を読み漁り、どれも大体書いてあることは同じだと分かったこと、さらには名著といわれる過去の偉人の本を読んだらこれまた同じようなことが書いてあって、なんだコンテンツのリサイクルか、、と思ったら必死にビジネス書を読んでいたのがバカらしく感じたのかも。

それにみんな分かっていることだけど、それを実行することの方がはるかに大事で難しい。もうその点に関しては自分次第なわけで、本を読むことで解決することではない。

 

この本は、たしかはあちゅうが書いたわけではなく、ライターさんの持ち込み企画で、監修した本だと聞いたような。読めば分かるけど、はあちゅうのエッセイとは全然違うテイストなので、はあちゅうの本だから読もうと思った目的が間違っていたかも。ま、これはこれで良いと思う。

 

最近は小説がメインの読書ライフ。これまた日常生活だけでは体験できない感情がわんさか湧いてきておもしろい。もっと以前から小説読んでおけばよかったなー。なんで読まなかったんだろうか。食わず嫌いって恐ろしい。