読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

去る人と残される人

またひとり会社を辞める。これまで何人も辞めてきたけれど、今回のふたりは経営陣に近くて信頼も大きく、古くから入社した主要メンバー。会社的にかなり大きなダメージなんじゃないかな。みんながどう思っているのかは分からないけど、数人と話した限りでは、彼らが辞めることにショックを受け、今後に不安を感じていた。

 

f:id:sallychan00:20161030122148j:plain

 

ひとりは私と同じ事業に参画しているマネジメントクラスの人。立ち上げのフェーズが好きで設立数年目の時期にこの会社に入社したみたい。

本人の適正的には”攻め”というよりも”守り”的なスキルが強く、新しいアイディアを出して引っ張るというよりも、過去や他社の事例を分析するのが得意なタイプ。リーダーとして力を発揮するタイプではないので、彼がいたからってグングン進んでいけるわけではないけれど、大概にして後先考えずに”攻め”一辺倒になりがちなベンチャーにおいて、彼の存在のおかげでバランスが取れていた部分が大きいと考えている。

性格的にも温和で常に一定なので、精神的にも大人だったと思う。特に社長が子どものように感情的で勢いまかせで、状況に合わせて舵取りをするタイプなので、周りは振り回されっぱなし。タイプは逆だけど、社長ともうまく合わせられてお互いにやりやすそうに見えたのだが。

辞める理由は、以前の同僚のメンバーと立ち上げたベンチャーにジョインするらしい。今の会社も当初彼が入社した頃とサービス内容が大きく変わってしまったので、たしかに彼がやりたいこととのギャップが出てきたのだろう。あんまり感情的な理由で辞める判断はしなそうだけど、ここでずっと社長のフォローしていてもどうなるか分からない、という思いもあったんじゃないかしら。(と私が感じていることでもあるが…)

 

そんな話を本人と社長から聞き、別に内容の違いはないけれど、社長はそれでも自分を正当化したかったらしい。彼は自分から辞職を希望したわけだけど、元々彼のスキルはこの会社で必要なスキルと合っていなくて、今の段階では彼がいてもどうしようもなかったから、辞めてもらってちょうど良かった、、くらいな内容を付け加えていた。さらに失敗した事業を辞める人のせいにする癖があり、今回も同じようなことをほざいていたな。さすがに同じ事業をしていきた私は、それが正しいのか正しくないのか分かるわけで、この社長最低だな、とあらためて認識した。

 

社長はとても臆病で不安でコンプレックスの固まりなんだと思う。嫌われて辞めていくと思いたくなくて、さらに他の人にもそう思われたくなくて、一生懸命自分に言い聞かせる+他の人を説得したいがために、辞める人を悪く言うんだろうな。

そんな社長にはついていけないよね。

 

もう辞めようと思っていた夏頃。そこから状況が変わり、今はもうちょっと頑張ろうかなと思っていたのだが、また不安になってきた。この社長に対する不安はずっとあることなので、離れられたらいいなと思うんだけどな。うまく出向とかできないもんかね。

転職活動もゆるく続けている。なかなか良いところが見つからなくて今回は難しいかもな。