読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

「逃げ恥ロス」なんて簡単な言葉じゃ表せない…

個人的な アラサー的な ■本・映画ログ

ついに最終回を迎えてしまった。ずっと終わらなければいいのに、このまま続いてくれればいいのに、、と願っても、結局は1クールのドラマ。どんなにおもしろくても10回くらいで終わってしまうもの。

 

f:id:sallychan00:20161223162704p:plain

 

新垣結衣はもちろん以前から知っていた。でも実はあんまり作品を観たことなかったかも。リーガルハイや掟上今日子も、実は数回分くらいしか観たことないし、映画も観たことないなー。いわゆる代表作ってなんだろう。。

それよりもCMの印象の方が大きい。メルティーキッス生茶、古いけどポッキーのダンスとか。化粧品のCMもかわいいし、好感度が高い女優さん。

 

一方、星野源に関してはほっとんど”はじめまして”の状態。まず歌を聞かないから相当なヒット曲じゃないと分からない。コウノトリは観ていなかった。そしてラジオも聞かないし、名前も聞いたことなかったから本も選んで読んだことない。そうなるとほぼ接点がなかったんだよなー。

 

それが1話目の途中から(たしか?)観ただけで、一気にファンに。最初の頃は告知の「契約結婚」ってフレーズに興味があったんだけど、1話目ラストの恋ダンスを観た瞬間にハマったね。かわいすぎて目が離せなくて、これは絶対に話題になると確信!逃げ恥の人気がここまで高まったのは、恋ダンスの影響がオオアリだと思う。

 

ドラマは毎話とも最後の最後の落としてくるのがまたニクい。必ず次が気になるように完全誘導してくる巧妙さ。さらにその答え合わせのように流れる次回予告。予告を楽しみに次の話を観ると、その部分はすぐに解決されて、新たな問題が起きて、それが最後に発覚して、また次の予告、、という風にとってもうまく、気持ちよく引き込んでくれた。

ドラマって最初面白くても、10週間も観続けるモチベーションを保つのは大変。途中で中だるみするし、仕方なく見逃しちゃうと次からどうでもよくなっちゃったりするんだけどね。

 

逃げ恥ドラマの好きなところは集約するとこの4点。

・ガッキーのかわいさ

星野源演じる津崎平匡の魅力

・恋ダン

・現実逃避にぴったりなストーリー

 

ガッキーと恋ダンスはとにかくかわいい・好きの一言。テンション上がるからやめられない。

 

現実逃避できるストーリーについてだけど、このドラマはものすごく夢を見せてくれたんだ。30代女性、仕事は迷い中、彼氏なし、結婚願望あり、ちょっと焦っているけどまだ本気じゃない、という女性に夢を見させてくれるドラマだった。

仕事が見つからなくても、どんなに小賢しくても、真面目で相手をちゃんと理解してくれる平匡さんが現れるんだよー。契約結婚から始まったふたりでも最後は好き同士になってハッピーになるんだよー。童貞のこじらせプロ独身の男性でも、愛があれば心のシャッターを開けてくれるんだよー。専業主婦の働きについても対価を払ってくれて、共働きになっても家事を分担して、とにかくハッピーな夫婦関係が築けるんだよー。

という夢。

 

このドラマを観ている間は、現実世界の悩みは考えずにすんだもんな。

 

ある意味、カウンセリングのような役割を持っていた逃げ恥。週に1回の夢の時間がなくなって、私はこれからどうしたらいいのだろうか。

現実世界から逃げたいなんて言わないから、夢を見させてくれる時間がほしい。

 

年明けから始まるタラレバ娘はどちらかというと現実的な話か。まあイケメンモデルと何かあるだけ、うらやましい限りではあるが。。