読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

人のモチベーションを気にする暇があったら働け

入社して数ヶ月の後輩がいるのだが、彼のパフォーマンスがあまりよくなくて、段々と周りの評価も下がってきてしまっているので、彼自身はどう思っているのか聞いてみた。

会議室じゃあちょっと緊張すると思ったので、ふたりでランチに。

 

f:id:sallychan00:20170128185201j:plain

 

その後輩というのが、30歳手前で、ほぼほぼ今の会社が初めてのデスクワークという経歴の持ち主。それまでは飲食とかでフリーター生活だったみたい。思い切ってキャリアチェンジしたいと思って、今の会社にアルバイトとして入社。仕事内容としてもほぼ初めてだったみたいだけど、入社から数ヶ月頑張っていたので良い子が入ってくれたなーとひとまず安心していた。

 

ところが最近、任せようと思っていた仕事が、やっぱり彼には荷が重いと判断され、却下されることがあった。他にもメンバーはいたけれど彼以外は任せてもらえていたので、ちょっと差がつく形になった。

他メンバーも、”彼が最近元気ない”など気にするくらいだから、きっと気落ちしていたんだろうね。さらに以前よりも早く帰るようになったり、なんとなく仕事のモチベーションが下がっているようにも見えた。

 

そこで、ランチに誘ってみた。別に”落ち込んでいるの?”なんて質問はしないけど、プライベートの話もしつつ仕事の話もして、持論じゃないけれど私はこうしている的なことも伝えたりした。

 

彼は性格が良い。良い人だ。さらに会社という組織に入るのも初めて。こういうのって、普通は上司なり先輩なりが心配したり忠告しようとして話している、と気づくものだが、そんな発想はこれっぽっちもなく、素直におしゃべりしただけと思ったみたい。。

その後も特に変化が見られなかったので、今度は仕事中にミーティングスペースに呼んで、仕事の指摘をいくつか。

 

”ピンチはチャンスだ”って言葉があるけれど、あれってつまり”チャンスはピンチだ”ってことなわけで、実際に今彼が置かれている状況とか指示されていることを、彼はチャンスだと思っているみたいだけど、これができなければ終わりだから…というピンチでもある。

それを呑気に対応して、みすみすとピンチからアウトにしてしまうのはあまりにももったいないので、はっきり分かるようにちょっと強めに指摘。

 

初めての職場だというのに年齢のせいかプライドのせいか、無駄に考えすぎて行動に移すのが遅い彼。きっとこれ行動せずに1週間経っちゃうだろうな、、それだと遅すぎるから、週明けに何もなかったら明確に指示しよう、と決めていた。

そしたらなんと、翌日にさっそく行動していたという快挙!これはみんなに評価してほしいことだよ。とにかく行動してみたという点では一歩踏み出した。

 

これを継続しないといけないし、行動だけじゃなくて結果も出していかないといけないから、まだまだピンチは続いている。彼は会社勤めの経験がないから、まずはきちんと教えたり指摘して、それで成長しているかを見てあげなきゃね。

 

 

しかしランチのときに、”サリーさんの仕事のモチベーションがどこにあるのか分からなかったんですよねー”なんて彼から言われて真っ先に感じたのは、

人のモチベーションなんか気にしている暇があったら、まずは自分の仕事を一生懸命やれよ、と。

 

この発言だけじゃないけれど、必死に一生懸命、目の前の自分の仕事をやってない人ほど周りの人を気にするし、あれこれやらない理由を見つけるのがうまい。そんな余裕がないくらいまずは自分が頑張れよ、と思った。

彼の場合は、自分の考えの甘さに気づかないと今後の成長は難しいと思う。ただの作業員で終わるかどうか。できれば頑張ってほしいけれど、いつまでも私も面倒を見れるわけじゃないからな。

近くにいるからこそ、誰よりも優しく誰よりも厳しく見守っていこう。