読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

「必要なのはコスメではなくテクニック」長井かおり

個人的にはとても珍しい。メイク本を読んでみた。

というのもメイクを変えたいと思ったから。ちょっと気になる人がいるせいかな。ほとんどそう思ったことがないから自分でもなかなか珍しい体験だ。

 

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

 

 

コスメ本を読むことはほぼないけれど、雑誌のビューティーページとかテレビ番組でどこにどうするのがいいとかは見聞きしたことがある。しかし実際にやるかどうかのハードルはちょっと高い。

 

思えば使うアイテムは変わっても、メイクをし始めた10代から基本的な内容にほぼ変化がないことに気づいた。いつまでも10代・20代のメイクをし続けていていいのか?

そんな焦りもちょっと感じていた。

 

今回の本を読んでさっそく実行してみようと思って、以下のことを実践中。 

・ピンクのコントロール下地を目の回りに

・これまで欠かさなかったコンシーラーをやめた

・B.Bクリームを半分の量に

・アイラインは目の半分だけに

・ビューラーでしっかりまつげを上げるようにした

・眉毛はパウダーで

 

今のところいい感じ。

 

そういえば、20代中盤の頃まではファンデーションを使っていたのだけれど、最近はBBクリームとパウダーのみ。もうちょっとしたらちゃんとファンデーション使うことも考えようかな。いけるところまではこのままでいこう。

あとは目の下のクマがひどいので、大学生の頃からコンシーラーは欠かしたことがなかった。実は最近、薄々は感じていたのだけれど、コンシーラーってクマにはあんまり意味がないんじゃないかと思って。どんなに塗っても凹凸は変えられないし、時間が立つとヨレが目立つのが悩みどころだった。

そして実際コンシーラー使わなくても何も変わりなかった。誰からも何も言われなかった。。自分だけが気にしていることって多いんだろうな。

 

BBクリームの量も減らしたし、コンシーラーも使わなくなったから、全体的には薄付きメイクになった。でも誰もその変化に気づく人がいなかったんだよね。さらに薄メイクになったおかげで時間が経った頃のヨレが少なくなった。

アイテム数と工程はちょっと増えたけど、これくらいなら大したことない。

 

これまで優先度低めだったけど、メイクも自分に合った色とか仕方とか勉強していきたい。見た目は大事だよー。