自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

「シャインリッチ オールインワンティント」のすすめ

最近買ったこちらのグロス。

そう、これグロスだね。ティントとか言っているけれど、色持ちはあまりせず。

 

シャインリッチ オールインワンティント 01 コーラルピーチ

シャインリッチ オールインワンティント 01 コーラルピーチ

 

 

売りとしては、

「ティント + グロス + リップカラー + リップバーム」

とのこと。

 

ティントの効果は低いけれど、その他はけっこうよいと思う。

私が使っているのはコーラルピーチ。

一番ナチュラルなカラーだけど、一度塗りでもきちんと発色するし、ティント特有の段々色が変化していくってこともないから安心。

リップというだけあって、きちんと保湿効果もある。

 

ので、最近はこちらをメインで使っている。

 

ただ、若干他のリップよりも太めなパッケージ。ゴールドとピンクでかわいいのはかわいいんだけど、かさばるので朝用にして家に置いている。。

 

こちらもおすすめ。

sallychan00.hatenablog.com

sallychan00.hatenablog.com

 

 

以前は苦手だったけれど、最近グロスを使うようになったなあ。前ほどベタベタしているわけじゃないからかも。

あと冬はしっとりめなリップの気分だったけれど、暑くなってきたせいか軽めなグロスとかリップがいいなと思うように。

 

しかし、使い切る前に新しいのが欲しくなってしまうのが難点…。

1000円前後だし、新しいものについ目がいってしまうのよ。

 

 

【デート日記】離婚エピソードしゃべりすぎの真面目さん

初回のデートで、離婚のエピソードを事細かにしゃべってくる男性ってどう思います?

少しでもこれからの関係に期待を持っている女性なら、テンション下がりますよね。

今回はさらに追い打ちをかけて、こちらのテンションを下げてきた男性だった。

 

f:id:sallychan00:20170618203859j:plain

 

ランチを指定してきた男性。この時点での印象は良い。

無駄に単価が高く時間の終わりが曖昧な夜の食事を指定されるよりも、ランチやカフェを指定してくる人の方が私は好きだ。

 

ランチしながらおしゃべりを進めていくと、実はバツイチなんです…とカミングアウト。個人的にはバツイチはネガティブ要素にはならないが、その理由とか話し方は千差万別なので、離婚について質問してみた。

 

回答によると、元嫁は同僚で、浮気やケンカが原因ではなく、毎日のすれ違いから離婚することになったとのこと。あるあるだなー。子どももいなかったからコミュニケーションがなくなっちゃうパターン。

結婚と同時に家を買ったものの、今はひとりで暮らしているらしい。

 

この話をしている最中、彼はとてもあらたまって感傷に浸っている様子。

離婚の話だけならいいけれど、離婚の話し合いで自分の親も相手の親も悲しませてしまったので、もう二度と離婚はしないと誓った、とのこと。

 

重いわ…。

それ、これから何かが始まる相手に言うべき話じゃないだろうが。

 

笑い話にしてくれるわけでもなく、その様子から傷はまだ癒えていないのね、、と思わせる切実な雰囲気。

そんな切羽詰まった人と、うっかり付き合ったり結婚するのって相当なプレッシャーよ。勘弁しておくれよ。初回のデートで言うことじゃないだろうが。。

 

 

ということで、今回もダメでした。飲み込まれそうな泥沼を彷彿とさせる男性だったなあ。

デートの日は朝からちょっと調子が悪かったんだけど、彼の負のオーラをもらっちゃったのか具合が悪くなって、ランチ後に帰宅して昼寝したもん。気持ち悪くなった。。

 

傷が癒えたら、何も求めずに楽しくお付き合いできる女性を探してください。

 

 

「LIFE SHIFT」リンダグラットンほか

去年流行った本らしい。

最近ネットで知り、興味のある内容だったのでさっそく購入してみた。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

これちょっとおもしろかったなー。

というのも、最近またキャリア迷子でして、、これからどうすればいいのか、何をやっていきたいのか考えていたところだったので。

 

とっても分厚い本なのだが主に何を言っているのかというと、、

 

今すでに寿命が延びているが、30才以下の世代は寿命が80才どころか100才をこえる(ほぼ確実)。

するとこれまで、20代前半までの教育期>60才までの仕事期>それ以降の引退期、と3ステージがあったが、今30才以下の世代はこれを参考にして同じようには生きていけない。

というのも、60才で引退すると100才まで約40年間。この40年間の生活資金を仕事期の約40年にすべて作るのは無理ゲーだ。

ということは、必然的に仕事期を延ばさないければならない。すでに定年が65才に延びたり、再雇用を促進しているが、おそらく定年が80才くらいになるだろう。。

そして仕事期が長くなるということは、教育期や20代の頃のインプットだけではその後の約60年間の仕事期を乗り切るのは無理なため、人生において何度も自分への投資(教育)が必要となり、常に知識やスキルをアップデートしていかなければならない。。

 

100年ライフ、

自己再生の友人関係、

活力資産、

アイデンティティ、

ポートフォリオワーカー、

パートナー、

 

など、刺さるキーワードがたくさんあって、ひさびさに読みながらメモをとった。

 

今後私はどう生きていきたいのか、計画を立てよう。

老後だけでなく、悲しい40代や50代を送らないためにも。

 

読み終わった後に悲観的になるかと思いきや、とても前向きな気持ちである。これまでの転職回数もいつか役に立つのではないかと光が射したように思えたため。笑

 

父の日に父からのサプライズ

今年は母の日にペアグラスを贈り、母の日&父の日のプレゼントとした。よくこうやってふたり一緒にお祝いしている。

プレゼントはないが、父の日当日、連絡だけしておこうと思い、家族グループにLINEしたところ、思わぬタイミングで思わぬサプライズを仕掛けられた。

 

f:id:sallychan00:20170618184538j:plain

 

「今度、入院すっからー」

と、いたって気丈に振る舞った言い方の父。

 

そう、父は一家の大黒柱としてとても強い存在だったのだが、短気で繊細で気にしやすくてストレスを溜め込むタイプなのだ。弱音も人にうまく見せられない。

私とよく似ている。。

 

ちなみにその手術自体は、簡単なものだし、原因も良性で問題ないけれど、毎年経過を気にするくらいなら手術で取っちゃいましょうというもの。

開腹手術でもないようなので、体の負担も少ないだろう。

 

ただ、手術して数日間入院するっていうのは不安だろうな。

手術することは誰にも言わないそうだが、何かあったらよろしく、と笑いながら半分冗談な弱気の発言が見えた。

そしていつもは電話を代わらずに切ってしまうのに、今回は母に交代するというのもいつもと違った点か。詳細を自分で説明するのが辛かったのかもしれない。

 

 

その原因といい、手術の内容といい、リスクは少なく滞り無く済むだろう。

でもその不安は大きいだろうな。私が騒いでも余計に不安を煽るだけだろうから、”大丈夫でしょーそれくらい”と軽く返したが、そんなんじゃ不安は拭えないか。

 

両親の手術や入院も当たり前の年齢になってきた。

私は私でいろいろ考えてしまうな。。

 

【デート日記】筋トレバカのドクター

平日の遅い時間からの食事デート。

お相手は、アラフォーの(おそらく)医者。身長は160cm以下(私より低かった)で、トレーニングにハマっているとのこと。

まあ、とにかく気を使う食事だった。。

 

f:id:sallychan00:20170618182044j:plain

 

トレーニングは数年前から始めたらしい。太ってしまったので、健康を意識するつもりでジム通いを開始。

はじめからトレーナーをつけていたらしいが、数ヶ月前から憧れのトレーナーが教えるジムに通うことに。

そこでトレーナーから教わった筋トレ&食事を徹底しているらしく、普段からお菓子やお酒、糖質を完璧に制限し、タンパク質やら野菜など必要な栄養を食事やサプリなどでとりいれているらしい。

 

ちなみにこの日もトレーニングをしてきた後で、22時頃に会う。

普通のカフェだったが、もちろんお酒は飲まず、一緒にセレクトしたサラダやアヒージョ、肉料理などをちびちびと少量のみ口に入れていた。

アヒージョも気を使って選んだのに、糖質が高そうだからと言って、一口しか食べない。。

気にせず食べて、と言われるけれど、飲めない人にお酒をすすめられるよりも、より一層気を使ったな。

 

普段はいいけどさ、お付き合いのときくらい合わせろよ。それが無理なら、自分が気にしないお店を選べ。

 

 

もちろん会話中は筋トレの話ばっかり。ほとんど知ってるわ。

さらにありがちだけど、会話中、ずーっと自分の筋肉を触っているのよね。筋肉自慢の人あるあるよね。腕とか胸とかお腹とか、なぜか気になるみたいでずーっと触っている。。

言っとくけど、その筋肉、さっきから1ミリも変わっていないよ。

 

デートだってのに、タイプの人すら聞かれないし言わないし、筋肉の話だけしにきたのかよー。

 

 

女性で趣味や習い事にハマる人がいて、そういう人は自分の時間もお金もそっちに費やしちゃうから結婚できない、、なんてよく聞くけれど、男性も同じで、30代以降のトレーニングとかマラソンとか登山とかって女性の例そのまんまって感じ。

 

それで”結婚したい”、”自分に合う人を探している”とか、ちゃんちゃらおかしいぜ。

 

「男子ごはん」に癒されるいつもの日曜日

土日の午前中は、ほとんど機能していない私。宅急便の受取専用時間として、予定もほぼ入れないようにしている。

約4回のスヌーズと1時間ほど戯れ、ゆらゆらと起きて朝ごはんを食べ、テレビをかけつつ稼働50%で過ごす。

そのため、毎週ほとんど観るテレビ番組が決まっている。

 

男子ごはんの本 その9

男子ごはんの本 その9

 

 

(ああ、国分太一はジャニーズだった。番組のHPもAmazonの表紙にも顔が出せないのか…)

 

たいした話ではないのだが、毎週日曜に放送されている「男子ごはん」が好きだ。

 

特にどちらかのファンというわけではないのだが、”大人の男性ふたりが、おしゃべりしながら美味しそうな料理を作る”、という映像に癒される。

 

料理する男性ってステキだ。

とてもステキだと思う。

料理が上手かどうかなんてどうでもいい気もする。

キッチンに立って作業している姿が好きなのかな。。

そういえば、zipのMOCO’sキッチンも好きだわ。

 

 

仕事なんだけど、仕事っぽくないゆるい雰囲気も好き。

日曜の昼って感じで、気の抜けた心地よい時間である。

 

 

 

この関係はなんと呼べばいいのだろう…

体だけの関係がセフレ。しかし、会いたいときに会えないなんてセフレ以下だと思っていたのだが、この度よく分からない関係に発展してしまった。

私も初めての経験なので、この関係をなんと呼べばいいのか分からない。

 

f:id:sallychan00:20170611193537j:plain

 

sallychan00.hatenablog.com

 

社内でそんな関係になり、月に1回くらいたまーにお泊まりする関係の相手がいる。

 

元々、私は気になるなーと意識していた人なので、こちらとしたら”付き合えるかな?”と期待もしたものだが、私からははっきりしたことは言えず、相手もそのつもりがない人のようで、曖昧な関係が続いている。

 

曖昧な関係にモヤモヤが募ったり、他の女性にヤキモチをやいたりもしたが、今となっては冷静に考えると、彼は付き合うには不安な点が多すぎる人だということが分かり、前ほどのモヤモヤはなくなった。

 

セフレなのかな、、なんて思ったりもしたが、こちらが会いたいときに連絡もできないなんて(すればいいのだが、なんとなくしていない…)セフレ以下の存在。同じ会社の人であり、ただの知り合いなのか、、とかいろいろ考えたけど。

 

 

しかし、今回は予期せず、一歩進んだ関係に発展した気がする。

どうやら彼に友達認定(?)されたようだ。

やはり彼は特定の相手を決めることはしないようで、私のことも特別な友達のひとりとして認識している様子。

 

今回はじめて休日に連絡がきた。その日のデートがイマイチすぎてムシャクシャしていた私は、その連絡に乗っかり急きょお泊まりすることに。

そこでムシャクシャの原因を話したり、珍しくお酒を飲んでちょっと酔っぱらったりして、これまでより私の方も本音を話すことができた。

 

これがまた楽しかったんだよなー。

お互いの未来を約束していない関係で、あれこれ好き勝手話せる相手ってすごくいいのかも。。(見方によってはセフレと言う気もするが…)

 

でも体の関係が優先のセフレとは違い、どちらかというといろいろと話すちょうどな距離感の友達で体の関係もあるって感じ。

よく分かんないね。。結局同じ、とも取れる。

さらに私もこういう関係になることがなかったため、どうしたらいいのか分からないけれど、まあ楽しいし都合がいいから一緒にいる。好きだと思うところも多いし、人として興味がある。

 

しばらくはこれでいいや。

 

これまでは平日しか泊まったことがなかったので、次の日会社でゆっくりできなかったけど、今回は初の週末。次の日はゆっくりめに起きてお昼食べに行ってブラブラ遊んで、軽いデート気分を満喫。

 

連絡が来なくなればこのまま関係が終わるかもしれないし、何の約束もない関係だけれども、今はこのままで良いと思っている。

 

困るのは、、私に本命彼氏ができたときか。

浮気とか二股もしたことないんだけど、さすがに体の関係をふたりと同時に持つというのは厳しいなあ。そんなにうまく並走できなそう。

好きになったら、その人と一緒にいたいしね。

 

彼の方は、特別な友達が何人かいるかもしれないし、そこはちょっと考えないようにしておこう。気にしても仕方ない。。

 

 

言ってもこんな関係になって早数ヶ月。

やっぱり彼への気持ちは大きくなっていっているから、それ以上に好きになれる人じゃないとなあ。

30代で結婚願望(?)がある独身女性の選ぶ道ではないような気もするが、好きなようにしよう。