自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

「ハレ婚。」を読んで結婚について考えたら夜眠れなくなった

最近、また満喫に行くようになったんだけど、お目当てのマンガがなくて代りに手に取った「ハレ婚。」。

かなり前に途中まで読んだことがあったんだけど今17巻まで出てて、どんどん怖い感じになっていってた。

おもしろくて読み進めていたつもりだったんだけど相当衝撃的だったようで、その夜はうまく眠れず、目を閉じても結婚について考える羽目になった。。

 

 ハレ婚。(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 Amazonのkindleだと3巻までは無料で読める。

 

あらすじ的なのは、、主人公の小春は東京での不倫に疲れ、地元茨城に戻る。

すると地元では妻を4人(たしか…)までとれる一夫多妻制、「ハレ婚(ハーレム婚)」が認められていた。

家の借金のために、すでに2人の妻がいる龍之介の3番目の妻になる。

 

から始まる物語。

実は最近少女漫画にハマっていて、それ系は大体展開が同じだったので勝手に当てはめていたんだけど、ことごとく裏切られておもしろかった。

 

龍之介は小春と子供の頃に会っていて、ずっと思っていて結婚を狙っていて茨城にやって来た。

その前提で、すでにいた2人の妻も小春は龍之介にとって特別だという認識があり、さらに第2夫人のまどかが離婚して、第1夫人も妊娠をきっかけに元カレについていくか迷う、、なんてイベントが発生したから、てっきり2人とは別れて小春と対になると思ったら、全然ならない。

3人を平等に愛してるんだって。

たしかに小春の主人公っぽさがなくなってきた気がする。

最新刊では龍之介の仕事が忙しくなって家に帰れなくなるし、一度離縁したまどかが再登場して龍之介が誘ってるし、小春は不妊に悩んで悶々としてるし。

 

少女漫画みたいにキレイにいかないのが現実だよなあ。。

これ読んで何を悶々と考えたのかというと、、

 

・今の結婚制度は改善した方がいいよな

一夫多妻というか多夫多妻にすべきというわけではないけど、一対一の関係でその他との関係はすべて不貞、みたいなのって非現実的なんじゃないかと思っていて。

もしくは結婚はあくまで財産分与とか共同体に関する家族としての契約であって、恋愛とか子育てはその人とでも他の人とでもしてOKにするとか。

結婚って生活も財産も肉体関係も強く縛るものだから、段々と辛くなりそう。

数年の話じゃなくて何十年と続く前提のものだから、縛られると苦しい。

内容を軽くして結婚・離婚がお付き合いくらいカジュアルになるのもありかもしれない。

 

そうなったらもっとうまくいくかな、なんて考えている。

 

・何年も共に生活をすることで起こる変化

慣れや飽きもあるだろうし、妊娠出産や子育てで生活の変化もあるだろうし、ずっと同じ人と同じ関係でいられるものだろうか。

いられないよなー。それは無理だよな、変化していくのか。

ハレ婚の中で龍之介は妻を平等に愛するとして、夜もローテーションで順に回っていくんだけど、男性だって毎日するの大変そうだ。

男性は3人相手できるけど、女性は3日に1回だし、ずっと同じ人だから、何人かいた方が良さそうなのに、と思った。

 

たった数年だけど微妙な関係の変化も描かれていて怖い。

 

・一度に何人も平等に愛せるのか

いわゆる家族ではなく、関係のある異性数人を平等に愛するってできるのかな。

想像するに優劣は出てくる気がするけど。

契約したのに不平等さが出るともめるだろうな。

じゃあ自分が数人を平等に愛せるかというと、、できるのかな。

面倒になって、だったら一人でいた方がいいって思いそう。

 

 

 

全然まとまってないけど、とにかく結婚が怖くなった。

いろいろ知ってしまうとあれこれ悩むから、勢いと憧れだけで動ける頃に一度結婚しておいた方が良かったかもな。

 

 

最新刊はこちら。

龍之介はイケメンだしセクシーだし変態だし絶倫だし、こういう人いたら惹かれるなあ。

しかもピアニストって最高か。

 

ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル) 

 

 

 

「日日是好日」森下典子 予想通り好きなタイプの本だった

読む前から”これは私の好きなタイプの本/映画だ”と思っていたけれど、予想通り好きな奴だった。

今回読んだのは文庫本。

 

 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日

 

最近お茶とか非常に興味がありますの。

お茶と着物。。

以前は1ミリも興味がなかったのに不思議なものだわ。

10年前とは全然違う人間のよう。

着物着てお茶するなんて、まさに今の私の興味ど真ん中。

ハマったらお金も時間もつぎ込みそうな予感もするし、まだそこまで高まっていないので一歩踏み込んでいないけど、、

うーん、いずれ飛び込みそうな気がするな。

 

この作品、読む前は小説だと思っていたけれど、 主人公は典子さん自身なんだね。

そうなるとエッセイ・日記的なジャンルになるのかな。

どちらにしても主人公目線で見てるので、個人的には小説とあまり変わりないし、十分おもしろかった。

 

このタイトルでもあるし、中にも出てくる「日日是好日」という言葉は、個人的にもすごく好きな言葉。

数年前に知って以来ずっと手帳に書いている。

さらに今年のテーマじゃないけど、忘れないようにと思って筆で書いた言葉でもあり、ただいま部屋に飾っております。

 

こういう考え方を知って、私自身楽になったこともあり、大切にしている。

だからね、読む前から好きだってことは分かっていたわけ。

確認作業的な読書でした。

 

帯にある「会いたいと思ったら、会わなければいけない。

好きな人がいたら、好きだと言わなければいけない。

花が咲いたら、・・・」

という本文引用の文、中に見当たらなかったんだけどなあ。

読み飛ばしちゃったかな。

文庫本だから削除されたのかな。

おかしいなあ、どこの文章なんだ。

 

 

 

 

 

 

独身女性も歩けば既婚男性にアタル

ただのぼやき。

ただただ、ぼやくだけの回。

 

f:id:sallychan00:20190204194439j:plain

 

かっこいいなーと思う男性に会った。

見た目もかっこよかったけど、話す内容とか仕草も良くて、仕事相手としても頼りになりそうな感じで全体的に印象が良かった。

そこでキラリと光る左手の薬指。

 

ほんっとに最近は毎回このパターン。

良いと思っても進展するかどうかは分からないし、進展することの方が少ないんだけれども、”自然な形”で”自分から” ”いいなと思う”相手は、100%既婚者。

30代同世代で仕事がノリノリで活躍している人は大体結婚している問題。

 

”自然な形”にこだわる必要もないんだけどさ、自然じゃない場合、大半は先に条件が見えちゃう場合は、いいなと思うボタンが押されにくいんだよなー。

困った困った。

 

ぼやきたかった。

 

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を観てシンジへの無茶ぶりの酷さと彼はなんて偉いんだと思った

序と破がプライムビデオにあったので観始める。

序を観たけれど、テレビ版のダイジェストなのね。どうやら破までは復習的な感じらしいのでいきなり混乱することはなさそう。

(記憶もあやふやだが、以前テレビのラストとか映画?とか意味が分からなくて離脱した気がするため…)

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 

f:id:sallychan00:20190127150104j:plain

 

あらためてエヴァを観た感想だが、シンジへの無茶ぶりが本当に酷くて、噴き出す程度には笑ってしまった。

いやあ、ヘタレキャラとか聞いたことあるけれど、あれば無理だよ。

酷すぎる、パワハラどころか”お前が先に死ね、じゃないとみんな死ぬ、お前のせいだ”くらい無茶な要求されてるなと思った。

 

だってだって、

・経緯も知らされずに数年ぶりに父親に呼ばれて職場に向かう高校生男子(中学生?)

・街は初めて見る使徒に破壊されている

 →この時死にかけてるし

・父の職場に行き、いきなりエヴァ初号機を見せられる

 →でかいから顔の部分だけね

・これに乗ってさっきみた使途を倒せと言われる

 →意味不明。普通理解できない…

・嫌だと言うと(当り前じゃ!)、父親やミサトさんに見限られる

 →これはひどい…

・お前が乗らないなら、と代りに点滴打ちながら包帯巻いてる瀕死の綾波レイが搬送される

 →この演出は卑怯極まりない…

・自力で立ち上がれないレイを見て、自分が乗ると決意する

 →もうそう言わざるを得ない状況…

・何の説明もなく乗るが歩くので精一杯

 →せめて操縦方法とか説明してやれ。現場に出してから”まずは歩くことに集中して”ってそんな状況で敵前に出すなよ

・いきなり使徒にやられて混乱(そりゃそーだ)。そしてエヴァ暴走

 →毎回戦闘後は病室で目覚める…

 

以上が最初にシンジが乗った時の出来事。

 

さらに次の使徒が来たときは出撃して地上に出た途端、使途に狙われて大打撃くらっていた。

”よけて”なんて言っても無理に決まっているだろう。

出撃の途中で止めてやれよ。

あとミサトさんも全人類の未来はあなたにかかってるのよとか言って大変だなこりゃ。

 

あとはなんだかんだ緊急の時に限って、パイロットが入ってるプラグが外に出せなかったり、パルス逆流とか言ってみたり、何の信号もありません、とか言って、何のための機能なんだって感じはする。

想定通りにいってはおもしろくないんだけど、シンジにとっては困難ばかりだな。

ほんとよく乗ってるわ。

 

だから、シンジはへたれなんてとんでもなくて、彼はなんて偉いんだと思った。

 

テレビだともう少しゆっくり進んでいるんだろうけど、映画で観るとぎゅっとダイジェストっぽくなってるから、ほんと可哀そうに思えてならんよ。

でも笑えるくらいドタバタだからおもしろかった。笑

 

ストーリーもちょっと違うらしく、序のラストでカヲルが目覚めていた。

まだアスカも出てきてないのに。

破では出てくるかな。 

 

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 

 

  

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 

 

 

 

 

「嘘を愛する女」岡部えつ キャストから入る作品もある

長澤まさみと高橋一生が好きなため、観たいと思っているのだが、、Amazonで配信されていなくて小説を先に読んでみた。

そう、私はなぜか映像化されると原作を読みたくなる傾向ある。

それまでその作品の存在を知らなかったという点が一番大きいと思うけど。

 

f:id:sallychan00:20190122194838j:plain

 

でもこれは原作ものではなくて、映像が先みたい。

小説の最後に映画を小説にしたものです的な記載があった。

映画のあらすじをググってみると、大きな流れは同じだけど登場人物とか細部が少し異なっていた。 

 

映画も観たいのでどこか探そう。

 

 

 

 

「職業としての小説家」村上春樹 プロで居続けられることは壮絶に難しい

村上春樹のエッセイになるのかな、「職業としての小説家」を読んでみた。

毎回ノーベル文学賞が発表される度に名前があがって騒がれて大変そうだなという印象があったくらいで、あまり詳しくなかったのだが、本人の考えを知って好きになった。

 

職業としての小説家 村上春樹

 

以下ただのメモの一部にコメントを好きにつけてみました。

 

・小説なんて、書こうと思えば誰にだって書ける。

しかし、リングに上がるのは簡単でも、そこに長く留まり続けるのは簡単ではない。

小説家として残っていくには「何か特別なもの」が必要になる。

→これはよくその道のプロの人が言っているのを聞くが、小説なんて資格も何も必要ないものは特に顕著なんだろうな。

 

・神宮球場で野球観戦中に、僕には小説が書けるかもしれないと脈絡もなく思う。
エピファニーepiphany:本質の突然の顕現、直感的な真実把握、のような意味
「ある日突然何かが目の前にさっと現れて、それによってものごとの様相が一変してしまう」という感じ。
この日、球場からの帰りに原稿用紙と万年筆を買い、およそ半年かけて「風の歌を聴け」を執筆。

→これも有名な人のエピソードでよく聞く話。こういう何かが降りてくる感じがあるのかな。例えだと思うけれど、心の底ではずっとそれを願っていたってことかしら。

 

・小説を書いているとき、「文章を書いている」というよりはむしろ「音楽を演奏している」というのに近い感覚。
頭ではなく、むしろ体感で文章を書く。素敵なリズムを確保し、すてきな和音を見つけ、即興演奏の力を信じること。
書いていて楽しい。

→すごく素敵だと思った。

 

・特定の表現者をオリジナルであると呼ぶためには、次の条件を満たす
1)ほかの表現者とは明らかに異なる独自のスタイルを有している。
 ちょっと見れば・聴けばその人の表現だと瞬時に理解できなくてはならない
2)そのスタイルを自らの力でバージョンアップできなくてはならない
 時間の経過とともに成長していく、自発的・内在的な自己革新力を有している
3)その独自のスタイルは時間の経過とともにスタンダード化し、人々のサイキ(精神)に吸収され、価値判断基準の一部として取り込まれていかなくてはならない

「オリジナルな表現者」でありたいと願っている。

→一発屋の説明もあり、なるほどと思った。

 

・35年くらい小説を書き続けているが、英語でいう「ライターズ・ブロック」つまりスランプを一度も経験していない。
なぜなら書きたいという気持ちが湧いてこないときには書かないから。

→かっこいい。新人のときや名前が売れていない人が同じことをしてもハブられそうな気がする。。

 

・小説家になろうという人にとって重要なのは、とりあえず本をたくさん読むことでしょう。
その次に来るのは、自分が目にする事物や事業を、とにかく子細に観察する習慣をつけること。
まわりにいる人々や、周囲で起こるいろんなものごとを何はともあれ丁寧に、細かく観察する。そしてそれについてあれこれ考えをめぐらせる。
ものごとの是非や価値について早急に判断を下す必要はない。

明確な結論を短時間に出す人は、評論家やジャーナリストの方が向いている。

→なるほどー。これはどの業界でも同じことが言えそう。

何かを作り出すクリエイターと、できたものを見て論評する批評家の違い。

クリエイターとその他っていう括りでもいいかも。

 

・E.Tが物置のがらくたで即席の通信装置を作るシーンがある。
優れた小説とはきっとああいう風にしてできるんでしょうね。

何よりそこになくてはならいのは「マジック」。
そして日常的な素朴なマテリアル=「がらくた」の在庫を常備しておく必要がある

特別な体験もしていないから、特に書きたいものがない。E.T方式でいくしかない。
とにかく引っかき集めてぽんっとマジックを働かせる。

→これもなるほど。

たしかに素材なんてみんな同じのを使っているわ。

 

・まず長編を書こうとするとき、机の上をきれいにする。
そして書き物の仕事を受けない。エッセイや他の小説などもしない。
長編の場合、一日に四百文字詰原稿用紙にして、十枚見当で原稿を書いていくことをルールとしている。
長い仕事をするときには、規則性が大切な意味を持ってくるから
タイムカードを押すみたいに、一日ほぼきっかり十枚書く。

→小説家は気まぐれで不規則な生活をしているイメージがいまだにちょっとあるけれど、村上さんはサラリーマンのような規則正しい生活をしている。

長編を書くのはそれくらい大変なことだってことか。

 

・我慢強くこつこつと続けていくためには何が必要か?
言うまでもなく持続力です。
持続力を身につけるためには、基礎体力を身につけること。
逞しくしぶといフィジカルな力を獲得すること。自分の身体を味方につけること。

→30年間毎日走ってるいるそう。今でこそ有酸素運動が脳に良いと言われているけれど、それが広まっていない頃から続けているらしい。

 

・意思をできるだけ強固なものにしておくこと
そして同時にまた、その意志の本拠地である身体もでいるだけ健康に、できるだけ頑丈に、できるだけ支障のない状態に整備し、保っておくこと

→走ることを続ける理由はここにある。

 

・誰のために書いているのか?

自分のために書いている
自分が「気持ちよくなる」ことだけを意識して小説を書いた
またそこには「自己治癒」的な意味合いもあった、自らを補正しよう、矛盾やずれを解消していく、昇華していく

→これは分かるな。まずは自分が楽しめないと他の人を楽しませることはできないと思っている。

 

・ジャズピアニストのセロニアス・モンクの言葉
「私が言いたいのは、君のやりたいように演奏すればいいということだ。
世間が何を求めているかなんて、そんなことは考えなくていい。
演奏したいように演奏し、君のやっていることを世間に理解させればいいんだ。
たとえ十五年、二十年かかったとしてもだ」

→かっこいい。プロが言うと重みが増すなあ。

 

・日本国内で批評的に叩かれたことが、海外進出への契機になったわけだから、逆に貶されてラッキーだったとも言える。
どんな世界でもそうですが、「褒め殺し」くらい怖いものはありません

→当時の雰囲気や時代感もあったのだろうけど、どうしてそんなに村上春樹が文芸界から叩かれて批判されたのかよく分からない。

新しいものは常に叩かれるのだろうか。

でも逆にそれが彼の価値を高めることにもつながったような気もする。

 

 

作中で頻繁に出てきた村上さんの初作品「風の歌を聴け」。これで群像新人文学賞を受賞して作家としてデビューした。

すごい思い入れが強いのが分かる。

気になったので次に読んでみる。

 

  

小説家になりたい人だけじゃなく、ひとつの分野のプロフェッショナルになった人、さらにプロフェッショナルとして居続けられる人の考えが分かる本。

 

 

テレビが壊れたっぽいのでどうしようか考える

どうやらテレビが壊れたっぽい。

どう壊れたのかというと、なんとたまに4チャンしか映らなくなるという不思議な現象が……。

日テレの呪いか。

 

f:id:sallychan00:20190114211215j:plain

 

とはいえ、このテレビももう10年くらい使ってるのかな。

引っ越しのときに前に使っていたテレビを壊されて買い替えたんだった。

 

今のは16インチ?くらいの小さいテレビで、ちょっと前までは部屋が寂しくて帰るとすぐにテレビをつけていた。

でも最近はテレビをつけていると時間がすぐに溶けるから、そもそもつけないようにしている。

見たい番組は見逃し配信でチェックできるようになったのも大きい。

 

今回テレビが壊れて、まずは買い替えようかと思ってAmazonを検索してみた。

16インチくらいの小さめのテレビだと1万円台で買えるのねー驚き!

以前買ったときは小さかったとはいえ、3~5万円くらいはしたような。

しかもブラウン管ほどではないけれど、今使っているのはけっこう厚みがあって重い。

買い替えるとしたらもっと小さいのにしたいな。

お風呂とかで使うポータブル系でも十分だ。スペースも省けるし。

 

でもその前に、そもそも買い替えるのか?なくてもいいんじゃないのか?と迷っている。

あるとつけちゃうから、いっそのことなくしてみようかなーとか。

 

今まであったテレビがなくなるとなんとなく不安っていうのが一番大きいんだけど、まあこれは慣れたら平気そう。

逆にテレビがあるメリットは、これから映像作品をたくさん観る予定なので、テレビがあるとwifiの容量を使わずにドラマを観られるってところかな。

 

あーどうしよう。ちょっと悩む。