自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

無駄な期待を消し去るには物理的に距離をとるのが一番だと思った

いやね、お恥ずかしい話ですが、曖昧な関係になってしまった先輩社員、、正直私のことが気になっているはずだと思っていたわけですよ。

なので、退職することを伝えたら、実際に会社から私が姿を消したら、必ず連絡来るだろうと変な自信というか期待があったわけですね。

 

それが一向に連絡がこない。完全に期待はずれのうぬぼれ屋だったわ。。

 

f:id:sallychan00:20171210205552p:plain

 

これまで散々書いてきたけれど、大体一年前くらいから意識し始めて、年明けくらいからふたりで飲みにいくようになり、ついに関係を持ち、多いときでも月に1回程度、彼からの誘いに応じて朝まで一緒にいる、みたいな関係だった。

夏頃から飲みにいっても朝までは断るようになり、彼からの誘いも減り、彼への興味も薄れて落ち着いていった。

その間、転職活動をして無事に内定をもらった私は、早めに彼に報告。八方美人だけど理解はあった人だったので。それでひさしぶりに飲みに行き、最後かなーと思いつつ朝まで過ごす。

 

落ち着いていた気持ちも、ひさしぶりに触れ合ったらちょっと再燃したというか、あまり気を使わなくて済む関係って楽でいいなー会社が異なるのならば付き合ってもうまくいくかもな、、なんて思ってしまった。

ただ、以前のような思い焦がれるような感じはない。彼はけっこうお疲れ目なおじさんだし、スキルはあるし頼れる人だけど気力が切れてしまっており今後ダメになる可能性の方が高いし、なんせプライベートは約束ができない男なので。

ダメな面も含めてお互いに腹を括ればうまくいくのかもな、と思ったんだよね。

 

彼のLINEは知っていたので、最終出社日が過ぎて会社のアドレスやチャットツールが使えなくなっても連絡を受けることはできる。

なぜかLINEが来ると思っていた私。

そしたらなんて返答するかを考えていた。

 

”正式に付き合ってくれるなら会ってもいいよ”、と上から目線?

”付き合ってみようよ、きっとうまくいくよ”、とかの提案型?

もしくはいい加減に会うことすら拒否でもいいのかもな、とかとか。

 

実際ふたをあけて見ると、何の音沙汰もナシ。

なんのシミュレーションをしていたんじゃ私は。笑

 

いうてもまだそこまで日が経ってないから、ちょっと時間が経ってから連絡くるパターンもあるのかもしれない。

私が転職の報告したときに、自分も年内にはどうするか考えると言っていたから。

しかし、どう転んでも自分からは絶対に連絡しないけどな。なぜかそこだけは決めている。つまり私は他の人を探したいのに、いつまでも引きずっているという認識なのだ。

 

 

ただ、自分でもびっくりしたのだが、こんなにもずるずると引きずっていた気持ちも、環境が変わると一変する。

つまり、モヤモヤとLINEを期待して待っていたのに、今やすっかりとその存在すら忘れてしまったらしい。

 

これは物理的な距離が関係しているのだと思う。

常に近くにいる状況、視界に入る環境では、忘れたくても忘れられない。

しかし環境が変わって、その人が存在しない環境での生活が始まった。しかもやることもたくさんあり、いつまでも昔のことを考えている余裕はない。

 

まあこれはどうでもいい話だが、新しい会社はイケメンが多くてとても楽しい。

仕事のモチベーションが高い人が多いし、前職よりもレベルが高いと感じた。ただ組織の規模は大きくなったため、これまでのベンチャーよりは牧歌的で平和な雰囲気で満たされているが。。

 

 

ふと思い出してこんなことを書いてみたが、次に思い出すのは数ヶ月後かな。

その頃には新しい彼ができていることを願う。もうどうでもいいことではあるが、彼も不幸ではない生活を送れているといいなと思う。

 

辞めるときに見えた彼女の本性。反面教師発見。

これはかなり怖かったお話。

正直私はとばっちりを受けたよ。巻き込まれ事故だよなほんとやんなっちゃうよ。

前職で一緒だった女性のお話。 

 

f:id:sallychan00:20171210212652p:plain

 

転職活動で内定をもらい、上司に退職の意向を伝えた翌週に事件が起こった(それからずっと問題が起きていたのだが…)。

なんと同じタイミングで彼女も転職を決意したとのこと。そして今日上司に伝えるはずだと。。

 

この時点でびっくり!

彼女はこれまでの発言から、絶対に今は辞めないだろうと思っていたから。。

 

彼女というのは、同じ部の40才くらいの独身の女性で、コミュニケーションが独特なタイプ(悪い意味でのエンジニアっぽい感じ笑)。専門職だし、マネジメント経験もないようだし、あまりコミュニケーションは得意ではないのだろう。

 

一見とっつきにくいが、話してみるとおもしろいので、入社してからちょくちょく飲みに行っていた。ただ、飲んでも仕事の話しかしないので、私は段々と息苦しくなっていった。。

そしてあるとき、飲みの席でちょっとした口論に。私はけっこう前から転職を視野に入れていたので、それを軽く伝えたら、”それは逃げだ、まだやれることがあるはず、私はやり切ってから考えるべきだと思うけど…”みたいな正義を振りかざして攻撃してきた。

ごもっともだけど、どの立場で私にそれを押し付けてくるのか?と腹が立ったし、正論だけど彼女の仕事ぶりや立ち回りを見ていても納得ができなかったので、言い返した。それ以降、私からは飲みは誘わなかったし彼女からも誘われなかった。

 

それから数ヶ月、私は転職を決めたのが、なぜか彼女も転職活動をしていたらしい。

後で聞くと、以前飲んだときは転職はまったく考えていなかったそうだが、その後ふとしたことがきっかけで考えが変わったそうで、急遽転職活動を始めたとのこと。

 

この時点で、腹が立つポイントあり。

あれだけ上から目線で、転職を考えるのは逃げだとか、私は自分が経営者だと思って仕事しているとか豪語していたのに、結局あんたも転職すんのかいっ!

理由を聞いたら、出るわ出るわ、社長と会社の悪口。勘弁してよ、あんだけ大好きだったじゃないの社長のこと。。

この人、怖いな、、って思った。

 

そして偶然にも私の方が先に退職の意向を伝えており、退職日も決まっていたせいもあり、そこからの彼女の退職に関する主張が激しすぎた…。

自分だけ残るのが嫌になったんだろうね。なんとか私とスケジュールを合わせようとする姿が強烈だった。

こちらも見ていてヒヤヒヤするほどに、もう少し穏便にと言いたくなるほどに強硬なスケジュールと方法で退職に向けて準備をしていった。

 

彼女は専門職でその時点では同じポジションの人がいない状態。ひと月前に言われても採用できないし、引継を上司にするしかない。

そのため、上司は退職日は希望通りでいいので、最終出社日を調整できないか相談していたようだ。これはたしかに分かる。いきなりいなくなられると困るからね。

 

しかし彼女は断固拒否。笑

退職日はもちろん、最終出社日も一日たりとも譲らずに押し通した。

”私のやっていたことなんてちょっと経験のある人ならすぐにできることなんですよ”

”ここで優しくするとつけ込まれるから、絶対に譲らない”

などなど、このときの彼女の言葉はかなり荒々しく、顔も歪んでいた。とても性格悪そうで、私も話すと攻撃されそうな危機感を覚えた。

さらに引継ぎも相当雑なものだったらしい。彼女的には、説明するまでもなく私が作った引継書を見ればすべてが分かります、とかなりの自信作だったらしいが。

上司が怒り半分諦め半分でぼやいていた。もう彼女にどうこう言っても仕方ないと諦めたんだろうな。

 

 

彼女は退職交渉では上司たちには不満は一切言わずに、もっとやりたいことがあるとかこれからの会社に自分は必要ないとかキレイな理由を伝えており、バカな上司たちはそれを信じて、さらに勝手に盛るような推測もしてたけれど、彼女の本音は違うと思う。

 

退職時だからこそ分かる彼女の評価があった。専門職なのだが、どうやらその実力はスタッフクラスに毛が生えたくらいだったらしい。さらにミスも多く、上司からは何度も間違いを指摘されていた。

彼女はしばらく会社で唯一のポジションだったのだが、後から入った上司の方がスキルが高くレイヤーも高いため、これまで誰も気づかなかったボロが露呈し始めたらしい。

それと連動して、彼女はこれまで社長に可愛がられ、まるで役員のように扱われていたが、その立場を完全に上司に奪われて、最近は労働集約型の仕事が大部分を占めるようになった。

月の半分は深夜残業をしている人で、ひとりだし作業量も多いのだろう、と思っていたのだが、できない部分を時間でカバーするタイプだったようで、彼女が1週間かかっていたものを上司であれば1日で提出することができたり、彼女にとっては上司の存在がけっこう鬱陶しかったんじゃないかなと思った。

 

実際に彼女から上司の批判めいたことをたくさん聞いたし、ずいぶん感情的になっているなとも感じた。

 

まあ要約すると、社長から可愛がられて実力は伴わずとも気持ちは役員だと思い込んでいたが、上司が入社して自分の立場が奪われて、役員たちとの会議にも出られなくなり作業仕事ばかりになりつまらなくなった。社長を上司にとられた嫉妬やひがみみたいなものかなと。

まあ正しく実力に見合った対応になっただけなのだが、一度得たものを手放すのは簡単なことではない。

 

労働集約系の仕事ばかり増えるし、さらには庶務とか雑務っぽいことばかり依頼されて、これは私の仕事じゃないのに、、という気持ちが大きくなっていったんだと思う。

会話の端々に出ていたけれど、彼女はプライドが高いし、非常に差別的な考えを持っていた。大学や経歴、才能などに固執していたと思う。

自分の学歴もたいしたことないし中流家庭だろうに、前職にいた優秀な人の自慢など何度も聞いたことがあるが、そういう人たちのレベルと自分のレベルを混同していたのかもしれない。

あとは雇用形態での差別もあった。正社員と契約社員、派遣社員、アルバイトで差を付けていて、実際に私も他の社員からクレームを受けたことがある。

 

 

彼女はプライベートを話したがらないし、聞けない雰囲気を出すのでよく知らないが、年齢は40才くらいで独身。雰囲気的にも独身だろうなって思っていたけれど、それは仕事一筋でやってきたからだと思っていた。

しかし、辞めるときに初めて聞いた事実、、専門職としてのレベルもスタッフクラス。。これは衝撃だった。つまり20年近くその仕事をしているのにリーダー・マネジメントクラスやプロフェッショナルクラスにもなれないなんて。。

同じレベルなら20代の若手をとった方が周りも幸せだな、、なんて思ったりして。ひとりしかいないポジションだし、業務上の関わりが少なかったから気づかなかった。しかも飲みの場では必ず社長目線で仕事論を語るから。。

実際のところは、”周りに気を使わせる、仕事のできない独身お局”だったのか。

 

私はこれから新しい分野でキャリアを積んでいこうと考えているのだが、40才までにはプロになれるように、実績を残せるような仕事の仕方をしよう。

反面教師じゃないけれど、彼女のようにはなりたくないなと思った。

彼女が結婚をしたいのかどうかも分からないけれど、独身のまま、仕事もできないままじゃおもしろくない。

彼女を反面教師として登録した。

 

よし、やるぞ。

 

 

映画「おくりびと」本木雅弘のヘタレイケメンっぷり

何年前の作品か分からないが、「おくりびと」観賞。

しっとりめの映画だったけれど、けっこう心穏やかな感じで楽しめた。

 

f:id:sallychan00:20171203134720j:plain

 

もっくんこと本木雅弘のイケメンっぷりが気持ちよかった。

しかも体を鍛えているのでしょうか、腹筋がすごかったような。。

 

いつもエロさを求めているようでお恥ずかしいですが、もっくんとその妻役の広末涼子がいちゃつくシーンがステキだったなあ。

 

もっくんが初めて遺体と対面したときだったかと思うけど、生きてる人間の肉体にすがりつくような、遺体を見たこと触れたことすべてを忘れたいと必死な様子が溢れて、妻を求める姿が印象的。

 

あとはもっくんがチェロの奏者だったってのもポイントだな。

東京でチェロ奏者だったけれど、楽団が解散になり妻と実家へ。仕事を探す中で間違えて納棺師の求人に応募。

仕事が納棺師だということをしばらく妻に言えずにごまかすっていう一連のヘタレっぷりもおもしろかった。

あとは1000万くらいする高額なチェロを買った直後に楽団解散っていうタイミングの悪さもウケる。こういうこと、現実でもありがちよね。

イケメンだからいいけれど、ブサイクだったら同じようにおもしろく見れないかもな。笑

 

 

しかし田舎だとそんなに納棺師の仕事は蔑まれているのかしらね。

有り難がられる専門職だと思うけれど。

 

 

泣いてスッキリ、溜まっていたことも自覚できる

泣きたい日もある。

泣きたいと自覚しているときはいいのだが、いろんなものが溜まっていて無自覚に涙が溢れるときはまずい。

 

f:id:sallychan00:20171203213730p:plain

 

無自覚なときは、ふと見たテレビやCM、本などで予期せず涙が溢れて、そのまま止まらない、、みたいなことがある。

 

そうなって初めて、”あ、私、疲れてたんだ…”と気づいたり。

 

けっこう引きずるタイプなので、帰宅後に泣いて、目が腫れるから泣き止んでから眠るんだけど、それでも目を閉じると涙がじわっと溢れてきたりをしばらくループ。

 

結局ちょっと翌日に目が腫れてしまうのよね。

 

 

でも泣くときは泣く、と決めているので、涙も鼻水も垂れ流しながらわんわん無くと、けっこうすっきりする。

デトックスしてるって感じ。

 

 

泣くほどストレスを溜め込まないのがいいんだけど、、いろいろあるとね、そううまくはいかないものだよね。

 

料理を美味しく作る、唯一の方法にたどり着いた…!

お菓子やパンを作り始めて、料理熱が高まっている私。

そこでついに料理の真理にたどり着いた。。

 

f:id:sallychan00:20170917192250j:plain

 

料理を美味しく作る、唯一のルールとは、、、

 

 

「プロのレシピで、レシピ通りの分量で、レシピ通りの手順で作ること」

 

 

である。

 

もう、これ、当たり前のことしか言ってないけれど、ほんとに大事なことだと思う。

私が料理が嫌になるポイントは、これを守らなかったことに起因する(と思っている)。

 

 

やりがちな間違いポイント

◆手に入りにくい材料を抜かしたり、調味料の分量をしっかり計らずに作ってしまう

これよくやりがち。。

美味しくないってことにはならないけれど、食べてみて、”なんかちょっと物足りないな”と思うことがある。

普段使わないレア食材や、分量が半端で丸々一個使いたいな、みたいな微妙な分量の違いで、ちょっと味のバランスが崩れるのかも。

 

ちなみにパンとかお菓子では、あまり失敗したことがない。

料理と違って分量通りにしないと失敗する可能性が高い。適当にすると、うまく混ざらないとか、膨らまないとか、ヒビが入ったり。

私も料理のときは計量しないのに、パンとかお菓子のときはしっかりとスケールで計る。

 

もちろんレシピ自体が自分と合わないものもあるだろうけど、まずはレシピ通りきちんと分量で手順通り作ってみないとダメだなと思った。

 

 

◆プロのレシピを参考しない

これは最近気づいたこと。

元々料理本が好きでよく買っていたけれど、実は絵本的な感じでコレクションしている。見るのが好きでして。

実際に料理で本を見ながら作ることは少なかったかも。というのも、見たいページでキープしておくの大変だし、キッチンにスペース確保しないといけないし。。

 

そこで以前はよく、クックパッドを利用していた。無料アプリで素材で検索して、さらにキーワードで「簡単」の掛け合わせが多くて、検索している人が多いんだなという印象。

 

でもね、これがよくなかった。とにかく簡単で手順も材料も少ないレシピを探していたんだな。。

 

最近、一瞬だけ(笑)クックパッドの有料会員になった。有料会員になるとレシピが人気順で検索できるようになる。

人気レシピの特長は、材料の分量がきちんと書いてあるという点と、手順が写真付きで丁寧に書かれているってこと。

 

これすごく大事だー。ひさびさに無料のレシピ見たら、手順が抜けまくりで、ここはどうすればいいの?とか疑問に思うことがあってすごく不安だった。

 

それ以降は、投稿型ではなく、プロが紹介しているレシピを参考にするようにしている。

 

 

ひとりで美味しくないごはんは切ないから… 

家でひとりで食べるごはんこそ、美味しくて心にも体にも優しいごはんにしたいもの。

 

家で作るごはんなので、最近のインスタ映えを狙うような食事はもちろん、品数も多くはない質素なものばかり。

でも切る・焼く・煮るなど集中して黙々とできる作業なので、けっこう好き。

 

料理の工程で一番苦手なのが、買い物だな。

これをうまくアウトソーシングできればな。ネットスーパーも大袈裟で嫌だし、1人分や2人分とかに分量も揃えてくれると助かるんだけどな。。

それってつまり出来合いのものを買うに等しい気もするけど。

 

買い物の面倒さがクリアになればもっと自炊を楽しめる気がするよ。

 

 

貧乏ゆすりってなんなの?

ひさしぶりに激しい貧乏ゆすりを見つけてびっくり。

カフェでひとりで過ごしている若めの男性。イヤホンをつけながら手元のPCやスマホを見つつ集中している様子だが、足元がすごい。

常に高速貧乏ゆすりをしていて、疲れないのかね。ものすごいマルチタスクだね。。

 

f:id:sallychan00:20171203140136p:plain

 

私が貧乏ゆすりをする習慣がないから一切分からないのだが、つま先などを上下させるとより集中することができるのかしら。

その分、意識やパワーを割くことになるから、集中力が下がる気がするんだけどな。

反射的なものなのかな。見てるだけでも疲れそうな運動量だが。

 

足だけでなく、指で机をトントンする人もいるし、ペンをカチャカチャする人もいる。

何かしらみんな癖を持っているものなんだろうな、自分では気づかないけど。

 

職場で隣や前の席の人が超絶貧乏ゆすラーだったら大迷惑すぎて直談判するけれど、カフェや電車で見る分にはおもしろいな。

 

 

本件に関しては特に何もなく、ただ気づいたことを書いてみただけでした。。

 

【初体験】ピアノの音色に涙が止まらなかった。。

ずっと習いたかったピアノ。この度、やっと始めることができた。

ステキな先生のピアノ教室を見つけて入会。さっそく毎日練習している。

 

f:id:sallychan00:20171129192810p:plain

 

通いやすい場所で、レッスンの融通のきく小規模の教室を探していた。

習い事探しの検索サイトで見つけたその教室は、個別のホームページなども作っていなかったし、きっとそういうの苦手な先生なんだろうなーと予想。そっちの方がよかった(ビジネスっぽくなさそうなので)。

あとは先生との相性かなと思っていたのだけれど、、

まさにぴったりの教室を見つけたのだ!

 

 

個人宅でレッスンをしている先生。

体験レッスンでお邪魔すると家の中にグランドピアノが置いてある…!

ピアノ教室に通う意味のひとつに、ピアノ(できればグランドピアノ)に触りたいという希望があった。

というのも家で練習するのは、電子キーボード。。

いいんだけど、現実的にそれしか無理なんだけど、それでもやっぱり本当のピアノに触りたかった。

 

狭めの部屋にグランドピアノが窮屈そうに置いてあって、嬉しさじんわり。

 

あとはレッスンのスタイルが自由なのもどんぴしゃ!

好きな曲を選んでレベルに合わせて教えてくれるようで、これが本当に良かった。

ずーっと弾きたい曲があって、それを伝えたところ、ちょうど楽譜があってさっそく弾いてみることに。

 

ワンフレーズずつ、片手ずつ教えてもらって、先生と合わせて弾いていったら、、

 

涙が出た。

溢れてきた。。

しかもなかなか止まらない。。。

(鼻水も出てきた…)

 

一緒に弾いて、そのあと先生だけに弾いてもらったのだけど、どうにも感極まってしまい大泣きしてしまった。

お恥ずかしい限り。先生ごめんなさい。。

 

なぜ涙が出たのかはよく分からないのだが、ひさしぶりに聞いた生のピアノの音色に感動したのもあるし、自分の奏でる音に感動したのもあるのかな。

大好きな曲を自分が創りだしている…信じられない!みたいな。

 

 

すぐに申込したかったけれどなにぶん興奮状態だったので、先生からも落ち着いてからで構わないよーと言われる始末。なので、一晩置いてあらためて冷静に考えてから申込の連絡をしてみた。

 

さっそくその曲から習い始めて、キーボードも購入し、順調に練習をしている。

練習は家でいくらでもできるから、教室にはまずは月に1回程度にしようかと。先生には自分で練習した部分のブラッシュアップや分からない部分をお願いしたいと思って。

感情の乗せ方とか弾き方のニュアンスとか、自分では気づかない部分を指摘してくれて、とっても良い先生。楽譜通りにただキレイに弾くだけの指導ではないから、とっても充実した、私が希望するレッスン内容だった。

 

 

ちょっと懸念しているのは、はじめに勢いよく通って、あっという間に息切れしてしまうパターン。あるあるなんですよ、私の。。

 

長く続けていきたいから、じっくり楽しく続けていこう。

しかしさっそくピアノのおもしろさにハマっている…!

これはまた今度。