自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

【デート日記】ただの異文化交流会だった

しばらくアップできていないけど、引き続きたまーにデートしています。

おもしろいこともビビっとくることもほとんどないけれど、去年会った人のことを少し。

 

f:id:sallychan00:20200217154159j:plain

 

お相手は外国籍のゲームエンジニア。有意義な異文化交流の場になった…

今回もアプリで出会った人なんですが、日本語はカタコトだけどほぼ問題ないレベルのゲームエンジニア。

シンガポールやイギリス、アメリカ、日本など、いろんな国で育ち、働いた経験のある人で、賢いし真面目な人。

 

外見はタイプではなかったものの、メッセージのやり取りが簡潔で良かったかな。

メッセージのやり取りに時間がかかると、お互いに離脱する確率が高くなるなあと思っているので(私は確実に返信しなくなる…)、早めに会う約束に進める人が良いんです。

この人は、スムーズに会いましょう!という流れでなったので。

 

毎回思うけど、会う場所もできるだけ自分の行動範囲内の人の方がいいなと思った。

あまりにも縁のない駅や場所を指定されると、これもまた離脱ポイントになるなあと。

フットワーク軽い人もいるだろうけど、個人的にはエリア感、大事。

 

んで、結局この人とは、お互いの育った国の文化や教育や税制などを話して終了した。

おもしろかった、おもしろかったよ、異文化交流として。笑

ベースは日本語で、お互いに英語で補完しながら一生懸命相手に伝えようとして、ほどよく頭を使ってやり切った感あった。

しかし、まるで留学生を迎えた交流会の場みたいになってしまい、全く色恋方面の雰囲気はゼロ。

勘弁してよー異文化交流に来たわけじゃないんだよー。

 

ちなみにこの人とは絶対に合わないな、と思ったのは……

お店はイタリアンで、コース料理だったんだけど、そのコース料理の選択が見事に全品とも違うものだった。笑

メイン一品のコース料理で、とはいえ前菜・パスタ・メイン・デザートと、それぞれ2~3品の選択肢があったんだけど、一つもかぶらなかった。

さらに飲み物も別。二人ともノンアルコールだったんだけどねえ。。

 

せっかくだから別の料理を選んでいろいろ見てみようって思うこともあるけれど、今回彼は、私が絶対にこれはないなと思っていた品を選んでたね。全て。笑

食の好みが全く異なるんだろうなー。

 

かなりびっくりした。あんまりないかも、こういうこと。

 

正直、これは初デートでやめといた方がいいぞって思ったこと

これは相談なしに決めるのはよろしくないよ、と思ったこと。

今回、お店選びはお任せしたんだけど、予約したのがコース料理しか提供していなくて、ソムリエもいるようなしっかりめなレストラン。

 

あれ、私、最初はお茶がいいですって言ったよね…?って思ってしまった。

コースしか選べないから逃げられないのよーしかも金額もそれなりにするし。

相手にその気が無い場合、時間的にも金銭的にもかなりの負担になるからやめた方がいい。

カフェでおしゃべり、またはお酒飲んだ方がいいっていうなら居酒屋とかカジュアルなお店の方がいいよね。

 

お店出てから、”今回は選んだの僕だからお代はいいよ”と言われたけどさ、値段も値段だったから出しますよーと言ったら、ちゃっかり請求されて。。

勘弁してくれって思ったよね。

 

コース料理の場合、大体5千円以上はするし、時間も2時間近くは拘束されるし、好みも合わない場合は辛い。

少なくとも初デートでは選ばない方がいいなと思ったよ。

私としてはお店選びをお任せしまった上に、さらに事前に教えてもらわなかったことが失敗だったな。

海外だとこれが普通?そんなことないよね。

もっとカジュアルに会うことだってあるよね。。

 

アプリは登録しているだけなので、良い出会いがないからといって不満が溜まることはないけれど、これ以外に新たに出会う人が極端に減ってきているのが問題なだあ。

どうしたもんか。

 

俳句を始めるってどうすればいいのやら

俳句ね、ずっと興味はあるものの、どうやって始めればいいのか分からないってお話。

 

f:id:sallychan00:20200212155244j:plain

 

「プレバト‼」の影響が大きい

最近、テレビは朝・昼・晩のニュースしか見ないけど、この「プレバト!!」だけは積極的に見てるかも。

芸能人が水彩画とか消しゴムハンコとか生け花とかで競う番組なんだけど、その中でもおそらく一番人気なのが俳句。

添削する夏井先生がザクザク修正していくんだけど、直すと本当に良くなるのが不思議。。

あとは芸能人の中でもすごく素敵な句を詠む人がいて、元々やっていたわけではないのにすごいなあと思って感心する。

 

”言葉”フェチなのかも…

言葉自体が好きなことに最近気づいた。

文章で伝えること、書くことが好きなのだと思い、ライターや編集も経験してみたが、仕事になるとちょっと違うのかなとか思っていたのだが、言葉自体が好きなことはずっと変わりないみたい。

昔の読書メモとか見ると、セリフとかキャラクターではなくて、初めて知る言葉をメモして、その内容を調べていた。。

 

なので、季語という存在がとてつもなく、おもしろい!

今となっては使わない言葉とその意味を知ることが楽しいんだなと気づいたよ。

 

句会というものがあるらしい

プレバト!!に出ている夏井先生の本を買ってみたけど、やっぱりおもしろそう。

そして難しそう。。

番組で初めて作る人の句を見て、「それじゃあ才能ナシだよー」とか思うけど、実際に作ってみると、、まあそうなるわな。

習わずしてできる人なんているのか?天才か?!と思うよね。

 

俳句は、水彩画とか生け花とかとは違って、誰もが使ってる言葉で作るものだから、一番ハードル低そうに思えるんだけどね。

 

夏井先生の本の中で、最後に句会があるよと書いてある。

続けるために、うまくなるために、句会に入ることをおすすめしている。

全国にいくつもあるみたいで、俳句好きのサークルみたいなものかなと。

一人で黙々と作っていても煮詰まりそうだし、誰か先生に師事するのも良さそうだなと思った。

他の人の作品を見るのも勉強になりそうだし。

 

あーどうしようかな。ちょっと考えよう。

俳句はすぐじゃなくてもいつかはやりたいな。

 

 

今回買ったのはこの2冊。

俳句の作り方がしっかり載っているのはこちら。

会話形式で一緒に作っていける流れなので分かりやすい。

 

 夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業

 

 

 

こっちは1冊丸ごと季語の本。

俳句の主役は季語なんだってさ。

つまり季語を知らなければ俳句は作れないということだ。

もちろんもっとたくさんの季語があるけど、まずはこの1年分365個から。

 

 2020年版 夏井いつきの365日季語手帖

 

 

 

今年も確定申告の季節がやってまいりました

やってるよ、やってるんですよ、確定申告。

今年はさっさと終わらせるべく、去年よりは計画的に進めているよ。

 

f:id:sallychan00:20200202104431j:plain

 

絶賛確定申告作業中!!!

去年から確定申告をし始めたので、今年で2回目。

なんだかんだで去年は12月にMFクラウドを契約していたのですが(その時期ブログに書いてるし…)、実際に作業を始めたのは2月とかギリギリになってから。

ついね、後回しになっちゃうよね、こういうのは。

 

入金もシンプルだし、支出も迷う物なんてほとんどないので、やればいいって状態なんだけどさ。。

 

今年は1月から作業開始しております。

去年よりは成長してる。1か月分だけ。笑

本当は月次で会計ソフトに登録していこうとしていたんだけど、まあそれもあっさり後回ししてまして、結局まとめて決算ですよ。

今年こそは、まとめて決算にならないように気を付ける!

 

 

ちなみに私が使っているのは引き続きMFクラウド

去年のデータを引き継いでそのまま作業しております。

データの移行は各社対応しているみたいなので、他のソフトに移行したければ簡単に(?)できると思われる。

まあそこまで各社ともに機能や値段に差があるわけではないし、好みの問題な気もするけれど。

 

MFクラウドは去年契約した時は年会費で支払ったのに、1年超えたら月額で請求されるようになってしまった。

これは手続きが必要なやつか…?

仕訳が面倒なので、年会費に切り替えたい。

 

 

 

 

 それと、実は去年からfreeeも使い始めた。

以前一緒に働いていた先輩が起業して、その経理とか事務部分を手伝っているんだけど、先輩のところはfreeeを使っている。

MFクラウドと比べても使い勝手は悪くない。

二つ使うと混乱するかなって思ったけど、仕訳ルールは一緒なので問題なかった。

 

当初、freeeは簿記のルールが分からなくても入力できるって売りだった気がするんだけど、普通に簿記のルールで入力している気がするけどな。

少し経ってルール変更したって話も聞いたけど、正直すべて曖昧な情報なので不明。

 

私は簿記も勉強して資格も取っているので、今からそのルールを取っ払ってって考えるのは混乱すると思って、freeeは選ばなかったんだよね、たしか。

 

今使って見ると、まったくそんな特別ルールには感じないので問題なし。

まあ私が対応しているのは入力だけだけどね。

 

 

 

 

今住んでいる区では、個人事業主1年目を対象に無料の確定申告勉強会を開いていて、私は去年参加。

主催者は区かその区の税理士組合(?)みたいなところだったかな。

基本の仕訳とか、会計のルールとかを教えてくれたんだけど、最後に登録の実習があって、そこでは弥生会計を使ったね。

しかもダウンロード版。

確定申告の作業中分からない点があったら、そのデータを持参して、直接窓口で対応してくれるからって言っていた。

だから弥生を推奨してるけど、他のでも全く問題ありませんーと丁寧な解説してくれたわ。

 

たしかにオンライン版だと、繁忙期に動きが遅くなるとか聞いたことあるけど、去年も今のところ今年も動かなくて困るってことはなかったけどな。

 

まあ、どれを選ぶかはお好みで。

去年の分はさっさと終わらせて、今年の入力しないと。

もう1月は終わって、2月だもんな。追いつかないと。

 

「鬼滅の刃」にハマっている

人気なのは知っていた。知っていたのだが読んでなかった。

それがある日、朝の情報番組で”女性ファン急増!今大人気の『鬼滅の刃』”みたいな特集組まれていて、これはキャズムを超えたなあ、私かなり遅れているかも、、と思い、やっとこさ手に取った。

結論は、おもしろかった。

なんでもっと早く手に取らなかった?!という疑問でいっぱい。

 

 

 鬼滅の刃 コミック 1-18巻セット

私的ここがおもしろいよ!『鬼滅の刃

ストーリーはかなりの王道パターンだと思う。

大正時代、主人公の炭治郎は山で家族と暮らしている。

しかしある日、人を食らう鬼に家族を殺され、唯一生き残った妹は鬼になってしまう。

妹を人間に戻すために、鬼のボスに立ち向かう物語、ですね。

 

主人公の炭治郎がめちゃくちゃ良い子!みんな良い子!!

やりすぎなくらい天然でまっすぐに育った炭治郎が本当に良い子で、それだけで泣けてくる。笑

鬼化した妹に襲われようと、鬼化した妹を処分しようと格上の相手に攻撃されても必死に耐える炭治郎。

ただただ純粋に応援したくなる。

 

あと天然故か、おかしなセリフがあっておもしろい。

鬼との戦いの後で満身創痍だったけど、仲間や妹に心配をかけないように平気なふりして動くんだけど、

「俺は長男だから我慢できる。次男だったら無理だ。でも俺は長男だから」

とかいう無理やりなロジックで踏ん張る炭治郎を見て、シリアスなシーンだったけど爆笑してしまった。

 

よくよく考えると、父が早くに他界して、母と小さな妹弟たちを守るために生きてきた炭治郎の軸なんだろうなと理解。

しかし急に出てきてびっくりした。作者の人、おもしろいな。

 

それぞれが抱える過酷な事情。泣ける。。

炭治郎が目指す、鬼と戦う部隊、鬼殺隊。

この面々もみんなそれぞれ鬼に大切な人を殺されたりとか泣ける事情を持っている。

順を追ってオープンになっていくんだけど、全員分泣ける。

悲しい、ほんと悲しい。

 

さらに敵側の鬼ね。じゃあ鬼がみーんな絶対悪なのかというと、、鬼はみんな元人間なわけですよ。

鬼のボスである鬼舞辻無惨(きぶつじむざん、っていうすごい読み方…)の周りにいる上弦・下弦、合わせて12人?の強い鬼。

これも炭治郎たちと戦っていく中で事情が分かるんだけど、みんな辛い思いをしていてさ、、これまた泣ける。

鬼舞辻無惨だけが人間を鬼化できるらしく、自らスカウトしてるみたいね。

だから鬼化された人は、鬼にひどい目に遭ったわけではなく、周りの人間や家族にひどい目に遭ってボロボロのところに鬼舞辻無惨が現れて、ある意味救いの手を差し伸べてもらい、力を分け与えられた、みたいな。

悲しい、これでもまた泣いてしまう。

 

心底悪い鬼もいるけど、数人くらいかな。

とにかく根っから悪い奴は鬼舞辻無惨って感じなんだけど、この人も元々人間で、鬼化したのには理由があったりして、なんかもうやるせないよ。

 

 

これから見る人には【アニメ】→【漫画】がおすすめ!

 

 第十六話 自分ではない誰かを前へ

 最近のアニメはすごかった!

アニメなんてちゃんと観てたのは小学校、中学校くらいまで。

あ、話題の映画とかがあると稀に観るくらいかな。

たまーにサザエさんとかまるちゃんが目に入るくらいだったんだけど、、

アニメの進化にびっくりした!

すごく綺麗!リアル!遠近感すごい!

 

キャラクターが3Dになったとかではないし、それは全然望んでいないんだけど、昔と全然違うって思ったのは、背景かな。

雪が降るシーンとか、電車から見る風景とか、広い屋敷の遠近感とか、この辺りが全然違う。リアルっていうと変な感じだけど、動きとか奥行きを感じるのよー。

最近全然観てないって人は是非見てほしい。

 

手軽だし、アマプラ会員だからと思ってアニメを見始めたんだけど、それからハマって急いで漫画で全巻読破した。

それでも続きが気になって、めちゃくちゃググってる。笑

 

続きが気になる!

現時点だと、アニメはシーズン1が完結していて、今年に映画化されるみたい。

漫画は18巻まで出ていて、いよいよ鬼舞辻無惨との直接対決に発展するか?みたいなところよね。

この漫画は、鬼との戦いでバンバン人気キャラが死んでいく。

鬼殺隊のトップのキャラクターもすでに二人死んでるし、一人は戦闘不能な体になって前線から離れたし。

終わりがちゃんと設定されてて、物語が進行しているなって感じがする。

 

どんどん強い敵が現れて、それに合わせて自分たちもどんどん強くなっていくスタイル(ワンピースとかドラゴンボールとか)もおもしろいんだけど、長すぎるとついていけなくなるのよね。

 

最後は鬼舞辻無惨を討ったものの、主人公以外は全員死亡、、みたいな残酷なラストも考えられるけど、早く次がみたくてウズウズしている。

楽しみ楽しみ。

 

 

プライムビデオのほか、ネットフリックスでも観れるらしい。

ビーズスターズのアニメもおもしろいって聞いたから観てみたいな。これはネットフリックスだけらしいけど。 

 

 

「さざなみのよる」木皿泉 これ大好きなやつ

木皿泉さん、大好きな作家さんのひとり。

これは完璧に好きな作品だった。  

 

 

 さざなみのよる

 

大好きなものと大嫌いなものは言語化が難しいよね。

考える間もなく”好き”と思える作品と出会えて嬉しい。

 

『泣きたくなるくらいやさしくて、たくさんの人と関り、つながっていく世界 』

うまく言えないけど、好きなところはこんな感じ↑。

とにかく優しいのよ。そんで読んでる間中、うっすらと涙目になる感じ。

この作品は主人公というか中心人物であるナスミが癌で亡くなるので、単純に悲しくてというのもあるけれど、それだけじゃない泣きたくなるくらいのやさしさ?愛?を感じる。

読み手がそう思いたいだけなのかどうか分からん。

完全に個人的な意見だけど。

 

そして章ごとに主人公・視点の人物がかわっていくんだけど、これもまた好きな構成。

主人公一人だけの視点よりも、その周りの人たちそれぞれの目線でひとつの出来事や主人公との関りやそれぞれの事情が語られていくのがおもしろい。

多面的に見れるし、それぞれの事情もよく分かる。

驚く出来事も起こるんだけど、心底悪い奴はいないんだよ。

 

「昨夜のカレー、明日のパン」も章ごとに視点が異なるし、泣きたくなるくらいやさしい。

この作品も大好き。

 

sallychan00.hatenablog.com

 

これは、この世界観は、どうしたら生み出せるんだろうか。

すごいなあ。

 

読書ログをつける&好きな作品は現物購入することにした

今年から、というか以前からやっていたけれど、読書ログをつけるようにした。

これまでも好きなフレーズや作品はメモしていたけれど、記録媒体があちこちに散らばっていてもはや整理不可能。
(ノートや手帳、読書アプリやメモアプリ、Evernoteにドロップボックス、googlekeepなど…いつかの自分を恨みたい)

 

なのであらためて、googleドライブにスプレッドシートで記録することに。

原点回帰、超アナログな記録方法に戻った。

アプリでもいいけど、ずっと同じものを使うのか確信できないし、フォーマットは自分で作った方が楽だなと思って。

本作もいろいろと好きなフレーズがありまして。

中心人物のナスミが良いこと言うんだよ、ほんと。かっこいい。

 

それと新刊や人気作でなければ、まずは図書館で借りることが多いのだけど、読んでみて気に入った作品は書籍を購入することにした。

コレクション癖はないけれど、好きなフレーズとか写経したり、ぱっと目に入って手に取れるのいいなと思って。すでにいくつかお気に入りを購入。

物が増えるから厳選してるけど、この本は購入決定。

 

好きな作品に出会って没頭できる時間が最高に幸せ。

 

 

試し読みができるらしい。

これ本屋大賞ノミネート作品だったのか。

最近この賞の宣伝効果すごいよね。

いいことだ、もっといっぱい売れたらいいさ。笑

 

 

 

 

2020年が始まる

去年に続き、今年も東京で過ごす年末年始。

いつもの生活をするようにしたら、いたって普通の毎日なのでちょっと笑ってしまった。

 

f:id:sallychan00:20200102151856p:plain

 今週のお題「2020年の抱負」

 

まずは毎年思うこと。水を差してみる

抱負に関していつも思うこと。

個人的には、年が変わろうと年号が変わろうと、ずーっと続いてくいく日々の中の一日であり、このタイミングで抱負なんて考えてもあまり意味はないよね、と思っている。

でも年がかわるからなんとなく”新しい自分”になることを期待しているようで、その気持ちは大いに分かる。

私も期待したい、無責任に。

 

でもこういう時じゃないと振り返りや抱負を考える時間なんて意識的に取らないだろうから、年に1回くらいそういう時間があってもいいと思う。

 

短期~中期でやりたいことはまとめてあったので、私も改めて振り返りと目標の見直しをして、新しい手帳にまとめてみた。

 

今年は「好き勝手やる、全力でやり切る」がテーマ

これができればどんな時でも満足できるのでは、とも思うけど。

そう思いつつ、なんだかこれからガッツリ全力投球したい気分。

2018年、2019年は準備してきたというか、やっと走り始めた感じだったからかな。

ゴールに向かってがむしゃらに頑張りたい。

でも最近、集中力下がっていてさ。そこが問題だな。

刺激が多いのに慣れているせいか、映画とかテレビ番組とかじっと1時間、2時間と見るのができなくて。

動画ならさっさと早送りするし、できなくても他のことをしながらじゃないと続けられないのよね。

体力の問題もあるのかな。

てことで、ランニングはメンタルのためにも続けよう。

 

 この時期の雰囲気はけっこう好き

クリスマスも年末年始も、全く行事に興味がないため、ちっとも浮ついたことをしない。

そういえば「今年もお世話になりました。良いお年を」「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」って定型文がすごく苦手。

だからできるだけ使わないように画策する私。子供っぽいかしら。笑

それにクリスマスケーキも年越しそばもおせちもおもちも食べてない。

 

けれど、この時期の街の雰囲気がふわふわしている感じ。しっとり高揚している感じ?

これはけっこう好き。

家族連れが多いのも、見ていておもしろいのかも。

小さな子供がいる家族はよく見るけど、成人した子供と両親と祖父母の家族連れなんて、一年で今が一番発生率高いんじゃないかしら。

ちょっとギクシャクじゃないけど、まごついている感じが見ていて分かるのがいい。

家族の行事って感じがする。

と言いつつ、私はもうお正月のタイミングでは帰省しないと思うけど。

 

疲れにくいスニーカーはアシックス!って聞いたので買ってみた

私が使っているスニーカーについて。

 

f:id:sallychan00:20191230140003p:plain

https://www.asics.com/jp/ja-jp/gel-kayano-26/p/1012A457-002.html?width=

 

ランニング初心者の私がアシックスを選んだ理由

20代はパンプスばっかりでプライベートでもスニーカーを買ったことがほとんどなく、ジム用に持っていたスニーカーもたしかABCマートで3,000円くらい。

最近はヒールを履くことはほとんどなくて、スニーカーも履くけれど、デザインでしか選んだことがない。

 

機能性を考えることなんて皆無だし、どこのブランドいいのかなんて情報はゼロ。

 

1)ランナー友達のおすすめ

ランニングを始めたきっかけも友人たちなので、ほとんど彼らのアドバイスをベースに考えるよね。

アシックスは日本のブランドで日本人の足のデータをたくさん持っているから、日本人にフィットしたモデルが多いって聞いたの。

初心者だし、いろいろ調べ始めるとキリもなさそうだから、先輩のおすすめ一択って感じで他ブランドは検討しなかったな。

 

元々持っていた3,000円のスニーカーでもジムで30分くらい走る分には困らなかったけど、初めて外の公園で1時間くらい走った時、足が痛くなりまして。足の平っていうのかな。

まずスニーカーは足にあったものを買え!と言われていたので、急いで買いに行ったよね。

 

 

2)無料で足の詳細データ測定

アシックスの直営店だと、足のデータを計ってくれて一番合うものを選んでくれると聞いたのでそのお店に。

注意な点は、直営店でなおかつサイズ測定をやっている店舗ってことね。

直営でも測定してない店舗もあるので要注意。

私が行ったのは丸の内店。他には原宿店とか東京店でも計ってくれる。

 

なかなか衝撃的な結果でして…。

まず、外反母趾だった。

自覚がなかったからびっくりだよ。

今は高いヒールを履いたりすることないので痛みはないし、これ以上悪化することもないかなとは思うけど。

それに土踏まずのアーチが低いと。これ生活の中でどんどん低くなっていくのは仕方ないことらしいけど、元に戻すのは無理らしい。

そして体の軸が内側に傾いているらしい。左右差が激しかった。

 

おかしいな、、運動もするし健康体だと思っていたんだけど、いろいろと歪みがあるらしい。

もちろん計測だけで、直すことはアシックスではしてくれないけどね。

直したいなら整体とか生活習慣とかを見直すとかになるのかな。

でもそのデータを元に、弱いところをカバーする機能のスニーカーをおすすめしてくれる。

 

 

3)おすすめされたのは、『GEL-KAYANO 26』

上の写真のスニーカーなんだけど、形と値段が同じだから、たしかこれだと思うのよ。

いろいろあって見分けがつかなくてさ。笑

 

まず計測を元に考えてくれたんだけど、内側に軸が傾いているのをサポートする機能があるスニーカーを選んでくれたのよね。

土踏まずのところに何かポイントがあるらしい。よく覚えてないけど。

傾きすぎるのを抑えてくれるらしく、このスニーカーともう一段上のモデルをおすすめしてくれた。

もう一段上っていうのが、アシックスのランニングシューズの中で一番良いモデルらしく、お値段が28,000円くらいだったかな。

一応両方履いてみたけれど、安い方を選ぶのは決まってたよね。

初心者だし、今まで使っていたのを考えると十分。

それでもスニーカーで17,000円ってけっこうするよね!?

 

もったいないから普段も使えるかなと思い、黒にしてみた。

いける。けっこう使える。大事に長く使おう。

 

 

履き心地良好!絶賛トレーニング中

試着の段階ですぐに分かったけど、安いスニーカーと全然違う!びっくり。

安いのでも十分と思っていたけれど、比べるとソールがペラペラだった。。

柔らかいというか、頼りない感じ。

 

だからアシックスのは最初に履いた時は、ソールが固くて走りにくいのでは?って思ったんだけど、同じく1時間くらい走ってみると、安いスニーカーで感じた足自体の痛みとか疲れが出なかった。

うん、良かった。

長距離走るってただでさえ苦しいのに、足が痛くなるとか無理だからね。

 

それに普段の生活で長距離歩く時もいいらしい。

買物とか一日中外に出ているときにも履くようにしている。

黒にしてよかった。使えるわ。

 

引き続きこのスニーカーでトレーニング頑張ります。

 

 

■アシックス

https://www.asics.com/jp/ja-jp/