読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

イエス・ノーで答えられない質問をするって発想

■働くこと ■人付き合い

今仕事で採用活動をしているんだけど、面接が終わって他の面接者に聞いたら、「私はイエスかノーで答えられない質問をしてみたんだけど…」っていう人がいて、なんだかすごく感心した。

 

f:id:sallychan00:20170121113648j:plain

 

別に私も適当に面接に参加していたわけではないけれど、そこまで深く考えてはいなかったように思う。

これから一緒に働くかもしれない人だし、決定前に会っておきたいと思うのは普通よね。でもスキルとかバックグラウンドとか全然違う場合って、突っ込んだ質問が難しい。抽象的な質問をしても、なんとなく分かったような分からないような内容になってしまう。

なので、私はある程度スキル面は分かる人に任せて、人柄を見るようにしている。観察力は高い方だと思うから、話をしている所作とか聞いている態度、話し方や言葉遣いなどを観察していると言った方が正しいかも。

 

でもこの人の「イエスかノーで答えられない質問」っていうのは相手の力量を計るのにとても良い質問だなと思った。単純にイエス・ノーで答えられないので、自分で考えて説明しないといけない。その人が質問をちゃんと理解できるか、そしてその答えを自分で考えられるか、さらにそれをきちんと説明できるか、ということをさせているわけで、かなり高度。

 

この人の目的としては、ある意味、答えの正解・不正解はどうでもよくて、質問に対してきちんと答えられるかを見ているみたい。毎回この質問をしているようで、質問自体を理解せずにとんちんかんな答えをしてくる人もいるし、答えられない人もいるらしい。答えに正解はなくても、あきらかに考え方がおかしい人もいるから、その辺で地頭とかをチェックできるのだろう。

 

 

こんな風にきちんと考えた上でアクションを起こしている人ってすごいなーと思う。どちらかというと私ははじめは行き当たりばったりで、出たとこ勝負的なところがあるので憧れがある。

でもこの人みたいな考え方に触れることで、自分も改善していこうと思えるので、これからもっと私自身考えて行動できるようになろうと思った。

 

 

かなり前向き。この人との普通の会話の中で聞いた言葉だけど、聞いてすぐにハッとして、即スマホにメモした。感謝。

 

 

好きになったら「もっと知りたい、すべてを知りたい」

■お付き合い

この言葉、すごくいいと思って。聞いたあとすぐにメモった。

しかもまた、今気になる人の言葉だから余計に”キュン”となったのよね。。

 

f:id:sallychan00:20170115213303j:plain

 

ちなみに、私はこんな風にあらためて思ったことはない。

たしかに好きになるときって、いっぱい話したいし、一緒にいたいし、もっともっと相手のこと知りたいなと思う。でもこんな風に言語化したことがなかった。ただ、”好き”ってだけで済ましていた気がする。

 

でもこの「すべてを知りたい」っていう言葉がステキすぎて、それを言っていた人のこともより一層ステキに見えてしまうくらい、私の中でクリティカルヒット

 

よく聞く言葉な気もするけど、タイミングが私の中でぴったりだったのか、気になる人に言われたからなのか、とにかく私の頭にも心にも深く突き刺さって、しっかり跡に残っている。

やっぱり恋愛ってステキなことなんだな。もっともっと良い恋愛しよう。

 

 

この言ってくれた人と付き合えたらとーーーっても嬉しいのだけど。

 

 

自分の声が嫌い

個人的な

普段話しているときに聞こえる自分の声、これはそんなに嫌いじゃない。というか、いつもこの声だし聞き慣れているし、特に違和感がない。

しかし、一度録音されて、自分の体ではなく機械から聞こえてくる声は、自分のものとは思えないくらいおかしな声に聞こえる。。

 

f:id:sallychan00:20170115211458j:plain

 

そもそもそんなに録音する機会なんてないけれど、仕事でインタビューの録音か講義の録画をしたときに、映り込んでいた自分の声に驚愕。。

 

「なにこれ!気持ち悪い…これ本当に私!?」

 

なんて印象だったはず。自分がいつも聞いている声と全然違って本当にショックだった。

思いのほか声質も話し方も甘ったるくて、とにかく気持ちが悪かったの。。

それをその場にいた人に言ったけど、誰も私の声に違和感あるわけなんかなくて、みんないつも聞いている声だったそうな。そりゃそうだ。

私だけが自分のイメージしている声とのギャップを感じてショックを受けていた。

 

この自分のイメージとのギャップのせいだと思うけど、カラオケも苦手。

というのも自分の声がマイクを通してスピーカーから大きな音で流れてくるから、終始緊張してしまう。さらに音もはずすし、普段曲も聞いたりしないから歌える曲もないし、部屋も暗くて狭いし、何にも楽しくない。。

 

 

こないだひさしぶりに仕事で自分の声を録音したのを聞いて、さらにカラオケも10年ぶりくらいに行ったから、また自分の声を認識してショックを受けてしまった。

みんなちゃんと自分の声、認識しているのかな。こんな意識しているの私だけな気がするけど。。

 

3年連用日記の2年目に突入!

個人的な

書店で見かけたのをきっかけに(たしか)、去年から3年連用日記を使っている。

はじめは日記として使っていたけれど、装丁がタイプの新しい3年日記を見つけてしまったため、最初に買ったものは主に食事のレコーディング用に仕様変更。

せっかくだから使いたかったし、感想メインの日記とレコーディング用の日記のふたつを使っていていい感じ。

 

レコーディング用の日記はこちら。私が買ったのはこれより薄いブルー。 

 

それが今年の1月から、ついに2周目に突入した!

はじめの1年はね、正直普通の日記と同じで、3年連用ならではの楽しみは一切なし。なんなら1ページのスペースの1/3しか書けなくて、書ききれないわーみたいな日もあって逆に困ったもん。。

 

ところがところが、2年目に突入して俄然楽しくなってきた。去年の私が何をしていたのか、何を考えていたのか、何を食べていたのか。もうそれを見るだけで楽しくてしょうがない。

見覚えのある自分の文字を見るのも楽しいもんだ。このときはこのペンが好きでよく使っていたなあ、とか。地味だし、自分しかおもしろさが分からないだろうけどすごくおもしろい。

 

 

がっつり書いている日記用は誕生日からはじめたので、この楽しみは今年の夏頃から味わえる。こちらの方が書くスペースが多くて、日々の思いが書き込んであるので、恥ずかしさ満点・おもしろさ満点で楽しめそう。

 

 

気軽に始めてみたけれど、連用日記は本当におすすめ!

大体3年、5年、10年のラインナップかな。10年連用になると、書き込むスペースが少ないし、ずっと使っているの飽きちゃうかなとか思うけど、ちょっと興味はある。予定を書いておくだけで楽しいかもな。

10年後の自分の生活なんて想像できない。

 

 

「AV男優の流儀」鈴木おさむ

■本・映画ログ

図書館で借りたんだけど、思えばすごいタイトルで、おじさんから受け取るときちょっと恥ずかしかった。。

内容はめちゃくちゃおもしろかった。AVは観たことなくて知らない世界だったけど、声出して笑う箇所がいくつもあったな。

 

AV男優の流儀 (扶桑社新書)

AV男優の流儀 (扶桑社新書)

 

 

セクシー女優さんは有名な人がいたり、アイドルが転向したりと話題になるけれど、男優さんはあまり意識したことなかったなあ。聞いたことがあるのは、加藤鷹さんとかチョコボールなんとかさんくらい。本書にも書いてあるけど、たしかにAVにおいて男優さんは裏方の存在なのかも。

最近はシルクラボのおかげもあってか女性誌でもAVの広告とか見るようになったけど、基本的にAVは男性のものっていうイメージがあった。

 

 

この本は、鈴木おさむさんとAVの男優さん・監督の5人のそれぞれの対談なんだけど、私からするともうみんな話がめちゃくちゃでおもしろい!珍しい職業だし、まわりからあれこれ言われるだろうし、普通の人じゃやっていけないんだろうな。あとみんな頭いいと思った。すごく賢い人という印象。

 

例えば、、60歳とか70歳のおばあちゃんの相手をしたり(みんな経験しているから普通みたい…)、ウンコ食べるプレイがあったり、男優にもランクがあったり、意外な師弟関係があったり、、未体験ゾーンの世界は本当におもしろい。

どの業界でも、極めている人の話はおもしろいんだなあ。

 

いつも誰かにバレるのでは…と怯えつつもブログを止められない

■人付き合い 個人的な

これまでいろいろなブログをやってきた。最初に始めたのは大学の頃にやっていたアメブロ。よく知らなかったから芸能人が多くブログを開設していて一番有名なブログサービスを選んだ。

その時は大学の友達にURLを教えていて、友達からの反響が楽しくて書いていた感じ。

 

f:id:sallychan00:20170102184807j:plain

 

その後もその都度、無料のブログサービスの中から適当に選んで使っている。

ブログに書き綴るのは、そのとき感じた本音。誰にも言えない本当の本当の本音の部分。だから嬉しかったことも嫌だと思ったこともそりゃあもう赤裸裸。特に悪口が多くなってしまいがちだが、リアルに悪口を言いまくるよりマシでしょう。

誰かに愚痴を言ってもストレス発散にならないタイプなのだが、ブログとか日記とかに書くとすっきりするので止められない。自分にとってセラピーみたいなものかなと思っている。

 

 

前職でもひさびさに”コイツとは無理”と思った女性の先輩社員がいた。仕事を教えてもらっている状況だったので逃げられもせず、どうにも溜まったストレスをブログに書いて少しでも発散していた。

そんなあるとき、休日にその先輩から電話がきた。休みの日に連絡がくることなんてなかったから1回目はやり過ごした。そのときに、ヤバい!と思ったのがブログ。悪口ブログがバレたんだ…と思ってしまい、急いでブログを削除。慌てて隠蔽工作をして、何か言われたときの対策も考えて、いざ先輩に折り返しの電話をしたところ、、

全然関係ないことだった。

 

バレると相当ヤバいことを書いていたので、このときはちょっと反省。さすがに名前を出してはいないけれど、より一層内容もぼかして書いたり、時間差で書いたりと気をつけるようになった。

 

 

このブログだって顔出ししてないし実名じゃない。そうじゃないと本音なんて書けないのだが、あまりにも事実を書いてしまうと、身元が特定される恐れがあるから、いろいろ気をつけないと。

本当の本音の本音は、日記というかノートに書いている。なのでその延長で全部ノートに書けばいいんじゃないかとも思うけど、いろいろと反応があるのがおもしろいから続けている。身元は特定されたくないけれど、反応が欲しいというわがまま。

  

このブログのPVなんて大したことないけれど、たまにやけにPVが伸びている日があると、何の記事がそんなに見られているのか気になって仕方ない。すぐにチェックして、バレたらヤバい記事が見られているか確認してしまう。まあ心配するほどではないけれどね。

 

 

恋愛の話を聞くってことは私に興味があるってこと?

■お付き合い 個人的な

いやいや、こんなの今さら悩むことではないんだけど、何かある度に考えてしまう。

「今恋人いるの?」「好きなタイプは?」「前の人とはなんで別れたの?」みたいな質問は、もはやただの社交辞令ともいえるし、個人的に興味があるともいえる、、よね。

相手に気がある場合、無駄に考えてしまうからどっちのつもりでその質問をしているのかはっきり教えてほしい。

 

f:id:sallychan00:20170114113640j:plain

 

きっとグラデーションなんだろうな。

仕事や趣味の話よりも恋愛の話の方が個人的ではあるけれど、コミュニケーションが取りやすい話題よね。盛り上がりやすいし。

まずは話のネタ的に恋愛話を振り、その会話をきっかけにもっと興味が出たり、そのまま距離感を保ったり判断していくのかな。大勢でいる場合よりも、少人数やふたりきりの場合の方が聞きやすい質問かもしれない。 

 

 

なにをこんなに答えのない話をグダグダと書いているかというと、、つい最近会社のちょっと気になる人とふたりで飲みにいく機会があった。

その日は私も彼も会社に遅くまで残っていて、珍しいことに他のメンバーがいなかった。本当は予定があったのだけど、残業で参加できなくなり、そのまま帰るのもつまらなかったので、思い切って私から誘ってみたの。毎日飲みに行っちゃうような人だったから即OK。遅い時間から飲みにいくことになった。

 

そしてふたりで飲んでいるときに、なんと彼の方から冒頭の定番質問を投げかけられた!

内心かなりびっくり。。というのも、なんとなく勝手に彼にファンタジー的な”妖精”っぽいイメージを抱いており、生きるパワー的なものが薄いと思っていた。仙人的ないろんなものを削ぎ落とした落ち着き感がある人でして。そのため、恋愛欲とか性欲も少ないと勝手に思っていた。超失礼な話ではあるけれど。。

そんな彼から恋愛の話を持ち出されたので、驚くとともにテンションは急上昇。私に興味ある?と舞い上がってしまいまして。

 

ただ、彼は無意識にだと思うけど、周りの人たちを分析しているっぽくて、そのデータ集めかなとも感じた、、

が!まったく興味ない人にその話は振らないよね?とも都合よく思ったりも。

 

 

そんな感じで自分のことを話もしたし、彼の恋愛観なんかも聞けたので、とっても楽しい夜だった。ゆるく流れる時間を共有できる人でとても話しやすい。ふたりきりは初めてだったけど、誘ってよかったほんと。

今回のおかげで彼の人間的な部分(笑)も分かってさらに興味が湧いた。彼の方はどうなんだろうな。。がっつきはしないけれど、またチャンスがあればふたりで飲みに行きたいし、私的には距離を縮めたいなと思っている。

うーん、、どうだろうか。今後に期待。