自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

日食なつこの「水流のロック」が高まる…!

この曲。この曲がもうここ数日エンドレスリピート。何度聞いても、もっともっと!と思ってしまう。。

依存性がめちゃくちゃに高い。

 

youtu.be

 

ライブ動画はこちら。

声がPVと同じ…!

プロのミュージシャンでもちょっと違うもんじゃない?笑

 

youtu.be

 

最初に知ったのは、去年か数年前か。

テレビでチュートリアルの徳井さん(たしか)が、おすすめのアーティストとして紹介していたのを見た。

滝みたいな自然をバックに、ピアノとドラムっていう組み合わせが珍しいなと思った。ボーカルの女性も媚びてない感じがしてかっこいいなと思った。

けど、このときはハマらなかったんだよねえ、なぜか。

 

そして、ふと数日前に、iTunesで曲を探しているときになぜかタイトルを思い出す。

検索してDL。

もうそこから聞きまくっている。

頭がおかしくなるくらいに、耳鳴りがメロディになるくらいに、歌詞をググってしまうくらいに、聞きまくっている。

 

 

まずピアノに惹かれた。今習っているからどうしても注目してしまう。メロディがきれいでリズムに乗ってすごく気持ちいい。

そしてボーカルの声。なんだろう、お腹ではなく喉から出している声に聞こえるんだけど(よく分からん適当)、強いというか硬めの声でかっこいい。

熱唱系のボーカルとは違ってクールかっこいい声で、高音もさらりと歌い上げている。でも熱い想いは伝わってくるような。。(勝手なイメージw)

あとは歌詞かな。選ぶ言葉もセンスある。抽象性が高いような比喩のような、うまく説明できないけれど、すごく好きな世界観。

メロディのリズムにも合っていて、とにかくどんどん盛り上げる。

 

 

次、ピアノの曲はこれにしようかな。これ選んだ場合、歌も練習しないといけなくなるけど。。

自宅でこっそり練習するか。

 

日々のストレスから解放されるためにハウスクリーニングをお願いした

実は私、掃除が苦手でして。

一人暮らしを始めたときなんて相当ひどかったと思う。実家から物をたくさん持ち込んだというのもあるし、心配性の親と一緒に家具自体も必要以上にあった。

さらには運用面でも問題あり。その頃、断捨離という言葉も流行っておらず、物を捨てないと空間が飽和するという意識がなかったように思う。

 

f:id:sallychan00:20180113132830p:plain

 

ゴミはしっかり捨てていたので不潔な空間ではなかったものの、物が散らかり放題でその辺に置きっぱなしの部屋は、自分でも気持ちの良いものではなかったわ。

メンタル的な問題が主だけど、そんな散らかった部屋に人を呼ぶのも苦手で、彼氏すら呼びたくなかった。

しかし、なぜか若いときほど、部屋飲みやパーティーをしたがる。。どうしても避けられないときは、急ぎで掃除してクローゼットに物を詰め込んだりしたなあ。笑

今はそんなに頑張る気もないため、人を部屋に招くなんてことほぼないけど。

 

とはいえ、一人暮らしも余裕で10年をこえており、いつまでも”掃除が苦手”だなんて言ってられない。

さらに部屋に対する適正な物の量も分かってきたし、捨てる快感も分かってきた。

部屋の掃除や、無駄な物を買わない、不要な物は捨てる、などの基本的なことは身に付いたため、住居部分や収納部分はかなりきれいをキープできている。

 

 

しかし今でも苦手意識があるのは、水回り。。

その中でもキッチンと洗面所は頻繁に掃除しているため、汚れはたまらない。汚れる前に掃除してしまうとか、排水溝のネットは定期的に変えるとか、なぜか習慣づけることができた。

 

超絶苦手で、掃除も後回しにしてしまい、結果汚れが落ちなくなってしまうのが、お風呂とトイレだ。

こればっかりはね、、どうしても掃除するの面倒だなーという気持ちが大きい。

毎日使う場所なので、毎日汚れを見てストレスを受けているのだけど、なぜか掃除しようというモチベーションが起きないという不思議。なぜなのだろう。。

 

 

そこで今回、プロの力を借りることにした。

自分でやったことなのだけど、毎日小さいストレスを感じていてどうしようもないため、一度リセットしたいと思って。

プロの力を借りるのはこれで2回目。以前6年近く住んでいた部屋でも一度お願いしたことがある。その時もお風呂とトイレだったかな。水回りセットみたいなのがあった。

今回もお風呂とトイレだけを依頼。業界大手の中で見積もり比較して、かつ日程が合うところをピックアップ。

 

クリーニング当日、男性2名がやってきた。

以前とは会社が違うけれど、そのときも同じく男性2名だったな。家事代行は女性が多いイメージだけど、クリーニングとかハードめの掃除は男性が多いのか。。

 

掃除時間は約2時間。

一部のカビは完璧に取るのは難しいと言われたが、自分でやるよりはかなりマシだし、”できる範囲でOKですので是非よろしくお願いします”と伝えて、部屋で終わるのを待っている。

 

 

まだ終わっていないけど、きっとキレイになるんだろうな。

トイレとお風呂の掃除、2時間程度、約2万5千円。これで毎日のストレスが消えるなら安いと思う。

 

できればここまで溜める前に自分で細々と掃除できればいいのだろうが。

これからはちゃんと掃除したいなあ。

 

映画「植物図鑑」の高畑充希はなんか惜しい!

Amazonプライムでね。

軽い感じで観れるかなと思っていたんだけど、予想通り気持ちよく観れた。

 

植物図鑑 運命の恋、ひろいました
 

 

料理上手な男性いいなー。ほんとにうらやましい。

しかも一緒に野草を摘みに行って、それを料理にしてくれるって、最高かよ!って思う。そういうの好きなんだよなあ。

完全にファンタジーだよね、、そんな人現実にはいないよね。

岩ちゃんだから、映画だから、アリなんだよね。

あーあ。

 

 

でも急に同居することになり、はれて恋人になり、出会って半年後の誕生日の翌日に、理由も言わずに居なくなって、その半年毎にまた戻ってくる、、とか

 

ありえないだろ!

ぶっとばしたくなるよね、そんな勝手されたら。

 

 

そして女性の方も、失踪した彼を探すために、同じバイト先に勤めていた女性をストーキングして警察に捕まるって、、

 

ありえないだろ!

犯罪者だよ、それ。てかかなり重傷だから精神科に行った方がいいよ。

 

 

と、ハッピーエンドの王道ストーリーなのですが、ポロリと泣いてしまう程度には存分に楽しめた作品だった。

 

なんかなー高畑光希ってかわいいんだけど、主役っぽくないというか。

こういう王道ラブストーリーの主役よりも、癖がある役の方が合う気がするなあ。よく分かんないけどなんとなくね。

 

普段メイクしない人がたまにメイクすると濃くなるから注意して!

長い休暇や体調不良で休んでしばらくメイクしていないとき、ひさしぶりにメイクをするとなんとなく加減が分からなくなることがある。そんなときは大体が濃くなりがち。

同じような原理なのか、普段メイクしない人が珍しくメイクすると、そのほとんどが濃すぎるメイクになってしまい、違和感を感じる。

 

f:id:sallychan00:20180109212116p:plain

 

まず、普段メイクしない人がするファンデーションは、とにかく白すぎる。自分の肌色が分かっていないんだろうなあと。

 

これは全員に言えることだけど、やっぱり大人の肌には色ムラがある。どんなにキレイな人でも年齢を重ねると仕方がないこと。

さらにシミ・シワ・くすみ・毛穴・ニキビなど、体調によりトラブル満載。

そんなトラブルを隠すのがファンデーションなのだから、濃くなってしまうのも分かる。

 

勝手な推測だけど、普段メイクしない人が持っているファンデはきっと数年前のもの。つまり今現在の肌色と合っていなくて白浮きしてしまうんじゃないかと思って。

あとは、きちんと色を合わせずに、明るい色を選んでしまっているとかね。抑えた色を選んだ方がきれいに見えると思うんだけどなあ。

 

 

さらに、化粧ブラシなんて使っていないんだろうね。

アイシャドウやチークがとにかく濃くなりがち…!

そしてこれまた不思議なんだけど、流行りを意識するのか、チークをなぜか頬の高め・目の下に入れてみたり。。

私がこれまでに見たメイクしない人のほとんどが30代後半から40代。年齢に合わない雑なメイクは見ていてキツい。。

 

 

なんでも慣れが必要。毎日やることで腕が上がるんだと思う。

あとは、好奇心とか向上心かな。もっとこうしたい、とか、あの人のリップの色いいな、とか。成功と失敗を繰り返して、自分に合ったメイクが分かってくるのかと。

 

うーん、、話が大きくなってきた。メイクだけじゃなく、仕事とかその他全般に言えることだな。

メイクに関しては私も勉強中だけど、いろいろと試していて楽しく感じてきたこの頃。

 

 

まあとにかく、普段メイクしない人は、たまにするときに注意した方がいいよってことだな。

それに見慣れているとはいえ、すっぴん肌の色ムラは気になるから、普段から軽くでいいからナチュラルメイクした方がいいと思う。

 

濃すぎるメイクも気になるけれど、珍しくメイクしてテンション上がっているのとか見るとちょっと引いてしまうから。。

 

 

美人台無しな冬のアイテム

一言で”美人”といっても多種多様。誰もが合意するとびきりの美人なんて、周りにはそうそういない。

ただ、半分以上の人が認める”美人”・”かわいい”女性ならけっこういるんじゃないかな。女性はメイクやら笑顔(愛嬌)やらで、美人風に仕立てることができるから。

特に刺激が多くて緊張感のある東京では、女性の全体レベルが高いので、”美人風”な人ならかなり多く感じる。

 

f:id:sallychan00:20180109205833p:plain

 

職場に、この”美人風”な人がいる。

ある人は”美人”だと言い、ある人は”そうは思わない”もしくは”なんとも思わない”と言われる人。

 

彼女は目が大きくて、小顔、細身と、いわゆる美人の条件を兼ね備えている。

ただ、たしかに全体バランスがちょっと悪いのかな。目が大きすぎて印象が強い。

さらに性格がキツめで笑顔があまりない(愛想がない)ため、一般受けしないっていうのもある。

仲の良い人とだけ楽しそうに話して笑顔を見せるため、話しかけにくいオーラを出しているのかと分析する。

けっこういるよね、こういうタイプ。

 

 

とは言いつつ、派手顔なので、みんななんとなく印象には残っているし、美人だと思う人も多いのだろう。

しかし、この”美人風”な彼女の残念な姿を目撃してしまった。。

 

とある寒い日。

アウターを脱いで休憩中の彼女の背中(高め)に鎮座する四角い白い物体。

 

そう、とっても大きな貼るホッカイロを背中に貼っていたのだよ。

一瞬、なんなのか分からなくて二度見してしまった。そういうデザインの洋服なのかとか思って。笑

 

 

まあこれ見た瞬間、愛想無いのも吹っ飛ばして、すごく親近感湧いたけどね。

性格キツめの美人、みたいな印象は一気に崩れたね。笑

 

美人台無し、とも思うけど、一気に親近感を湧かせるテクニックなのかもしれない。

これも良い意味での隙なのかもね。

 

「ジップ&キャンディ」にしのひろあき

もらったので軽い気持ちで読んでみた。

そしたら予想以上に良かった…!

 

ジップ&キャンディ―ロボットたちのクリスマス

ジップ&キャンディ―ロボットたちのクリスマス

 

 

絵本だし、気軽な感じで読み始めた。

サクサク読んでいたら、、つい涙がポロリと。

かなりハートフルなストーリーで、満足度高し!

 

絵は独特。(正直はじめの頃、キャンディがどれか分からなかったけど…笑)

とにかく細かくてすごい!

 

 

これ、ストーリーも絵も西野さんが担当したんだよなあ。すごいね、多才だね。

前作のプペルは読んだことないけれど、これきっかけで読みたくなってきた。

 

リップを買い込んだお正月

今年はいつもより早めに東京に戻ってきた。

2日はまだお休み中のお店も多く、いつもより人通りも少なく感じる。

ふと目にして気になったリップ記事。いろいろと調べて、2日にオープンしているドラッグストアでわさっと購入した。

 

f:id:sallychan00:20180103193502p:plain

 

何でこんなにも急にリップに目覚めたのか自分でも不思議だ。

最近では必ずリップをして出かけているのだが、以前はほぼつけていなかった。

20代の頃はリップなんておかまいなしで、とにかく目を大きく見せようとマスカラやアイライン命だった気がする。

 

今やリップ命と言ってもいいほど力を入れているかも。

試しに数えてみたら、20本近くを使い回していた。少し整理して、気に入っていないものは処分したのだが、まだこの本数を所有している。

メイクは詳しくないし、そこまで好きではないのだが。。

 

これは前職にいた、リップマニアの後輩の影響が大きいんだろうな。

今でもその子ほど、どピンクのリップをしている人を見たことがない。似合うんだけど、、ナルシスト度が高い子だったのでどうしても鼻についたな。

 

まあその後輩から、評判の良いリップを教えてもらっていくつか試していたら、楽しかったのかな。それ以降は自分でいろいろと調べて買うように。

あとは、リップをするとしないでは顔色が格段に変わることに気づいてしまったのだ。

20代の頃はあまりその変化は大きくなかったのだろうが、30代になってからは歴然。唇の色がないと、貧相というか顔色が悪く見える。

もう手放せないなあ。

  

 

いろいろと買ってはいるものの、手持ちはほぼ1000円代までのものばかり。

一番高いのはこれかな。マキアージュで2500円くらい。

後輩の一押しティントだったんだけど、色が薄いものを選んでしまい、私にはほとんど色味が加わってないように見えてしまったという。(私は地の色がけっこう濃いめらしい)

違う色を買っていればよかったと思うが、リップにこの値段はもうかけられないなあ。

 

sallychan00.hatenablog.com

 

 

コスメに詳しくないし、デパコスにも全然興味ない。

安い方が有り難いのでプチプラものをよく買って、いろいろ試すのが好きだ。

 

だってリップを1本使い切るのはけっこう至難の技。毎日違うものをつけるから、使い切ることって早々ない。

そのうちに飽きちゃったり、趣味が変わったりするしね。

 

 

一時期使わなかったけど、このオペラのリップは今も愛用している。1500円くらいかな。

季節によっても色味や感じの好みが変わるので、1年経ってもまだヘビーに使っているのってすごいんじゃないかと思う。

 

sallychan00.hatenablog.com

 

 

ちょっとしたこだわりが出てきて、個人的にちょっと嬉しい。

プチプラだし、買うことでストレス発散にもなったのかもしれないな。あとは変化したい願望もあるのかも、新年だし。

 

今回買ったリップたちは、良かったらあとでログつけておこう。

(グロス1本、リップ2本、リップライナー2本をゲットした…買い過ぎかも…)