自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

酔っ払いが嫌いなわけ

元々お酒が弱いのだが、最近はますます飲み会嫌いに拍車がかかっている。

最近起こったお酒にまつわるあれこれ。

 

f:id:sallychan00:20171112211031j:plain

 

====

◆仕事の話で説教してくる同僚年上女性

飲むのが好きな40才手前の女性。よく飲む人で2次会の記憶がないとかあるらしい。

何度かふたりでも飲みに行っていたのだが、プライベートの話なんか振っても一切話さず、オール仕事の話。ふたりきりだと正直辛い。

この日も仕事の話で熱くなり、彼女の声が大きくなり、決めつける発言が多くなりヒートアップ。

余計なお世話のアドバイスだかお説教をしてきて、初めてお酒の場でキレた。

 

こちとらお酒は一杯だけで、あとはウーロン茶。気持ちよく仕事論を熱弁する彼女とのテンションの差が激しすぎてついていけない。

しかも一方的にお説教モードだからね。。

 

お酒を飲んで仕事の話で熱くなる人とはご一緒したくない。。

 

sallychan00.hatenablog.com

 

◆学生ノリのゲームを披露してくる後輩女性

この後輩女性は、普段は黙々と仕事をして、あまり周りと積極的にコミュニケーションをとらないタイプ。かわいらしいし話せば楽しいんだけど、シラフだと消極的かも。

 

しかし飲むと性格が一変。自称・お酒に強いらしいが、たまに記憶も飛ばすしうざい盛り上がりを見せる。

 

一緒に飲みにいったときも、1次会は普通にごはんを食べてあまり様子は変わらなかったが、2次会に移動したら急に始まった宴会ゲーム。

その学生っぷりったらない。これも酔っぱらっていたら楽しいんだろうけど、こちとらシラフだっつの。

しかも宴会ゲームを延々と、何度も、繰り返し始めてくる。

これまたプチ切れして即帰宅。許可をとることもなく、荷物を持って出るに限る。

 

飲んで盛り上がってゲームしちゃうような人とはご一緒したくない。。

 

 

◆朝まで誘ってくるダメ男

何度か書いている社内で微妙な関係の男性なのだが、普段はいたって普通に仕事をしていて、誰が見ても私と何かあるなんて思いもしないだろう。

 

しかし毎日お酒を飲まないとやっていられないアル中で、酔ってくるとどんどん豹変してくる。

急変するというわけではないが、普段のしっかりした思慮深さがなくなり、より適当にうやむやな感じの雰囲気を出してくるし、しつこい。

普段はあまり本音を出さない人なので、そのときの話はかなりおもしろいのだが、ギャップも大きいし、覚えていないことも多い。

付き合いたい感を出してきたり、ずっと一緒にいたいと行ってきたり、弱さ寂しさを埋めるために使われているように感じるので、早く縁を切りたいと考えている。

転職して物理的に離れれば、自然と終わるだろう。元々つながりも弱いし。

 

酔って寂しくて誘ってくるような人とはご一緒したくない。。

====

 

そんなこんなで、こんな3タイプとは飲みに行きたくない。

でもお酒好きの大半は、酔ったら楽しくて盛り上がって仕事の話しちゃうしゲームしちゃうし人肌恋しくなっちゃうもんだ。

 

だから最近は飲み会嫌いを公言している。

でも飲み会は好きなんだよなー楽しく飲める人いないかなー。。

 

映画「ソラニン」の宮﨑あおい最高

宮﨑あおいがかわいかった。

バンドをしたくなった。

ギターしたくなって、ドラムしたくなって、ギターしたくなった。

 

f:id:sallychan00:20171112214316j:plain

 

ソラニンってじゃがいもの芽に含まれる毒のこと(?)らしいよ。

 

あとはね、高良健吾も大好きなんだよなーかっこいいよなー。

あのゴツゴツした細い体も好きだー。

 

高良健吾と宮﨑あおいのカップルも最高に萌える。。

なんていう組み合わせだ。

 

宮﨑あおいのギターを弾きながら大声で歌う姿はしびれる。

なんてことだ、天は二物を与えるのか。

 

なんかいいなー、青春っていいなー。

私も仕事辞めたいなー。(ってここは映画の感想ではない…)

 

これ観て、ずっと頓挫していたピアノ教室の体験レッスン申込んだよね。

やっぱり音楽っていい。仕事以外に打ち込むもの欲しい。

やるぞ。

 

 

ソラニン

ソラニン

 

 

 

30才になったら終わりだと思うバカ女には、本当に人生終わらせろよとアドバイスしてあげたい

職場の後輩女性のお話。

ひさびさに空気の読めない人だなと思ったし、世の中にはこういう人がたくさんいるからいつまでたっても女性が自ら下へ下へとポジションを置いてしまうんだなと思った。

 

f:id:sallychan00:20171112201057j:plain

 

少し前まで、彼女は自称ヤリマンでセフレが数人いて今日は誰と会うなど、その状況を包み隠さず公表してしまう、控えめにいっても下品な女性だった。最近は特定の彼ができたようで一応そういう話はしなくなったらしい。

頭もあまりよくなく、大学は一応出ているが、常に行き過ぎる謙遜というか卑下をして、”自分なんて社会の底辺ですから…”が枕詞で、周りが微妙な空気感になるのにも気づかない。その割にはヤリマンアピールをしている自慢と卑下が激しすぎて苦手だった。

 

出会ったころは20代中盤だったし前職もブラックベンチャーで、そういう企業での経験しかないから、今の会社のメンバー(大企業出身・高学歴)みたいな人たちとは働いたことないんだなと思っていたけれど、数年経ってもう30才手前。

そろそろ大人になってもよい頃、というか見せ方とか見られ方とか空気を読むとか相手に合わせるとか、一般的に女性が得意と言われるスキルが身に付いてもいいんじゃないかと思っていたが、、全然変わっていなかった。

 

 

先日、業務上一緒にランチに行かなければいけなくなり、ひさびさに一緒になった。

ちなみに4人のメンバーで、私が30代、彼女ともうひとりの女性が20代後半、そしてもうひとりが20代前半という女性4人。

主役は20代前半の女性なのだが、、ここで空気を読まずに彼女が場にふさわしくない話を持ち出す。

 

内容はくだらなくてもどうでもいい話だったのだが、なぜ自分の評価も下げることにもなりかねない(少なくても私はこんな人は友達にいないし、友達になれない…)話をするのか理解不能。一応マウンティングのつもりなのかしら。。

 

くだらない話の内容をまとめると、自分の友達の話と自分の話と、もうひとりの主役ではない女性を持ち上げる話、、という主役そっちのけの話ばかりだった。

しかもその内容が、30才になったら女としての価値がなくなる、死ぬ、人生終わりだ、これから先が怖い、どうしたらいいのか分からない、、と号泣した友達をなぐさめ、自分もおおいに共感し、ふたりして泣いてお先真っ暗になったとかなんとか。。

 

てかそれ、おもしろくもないし、オチはなんなのよ。

その友達なんて知らないし、”あーそう、、大変だね”、で終わりだわ。

 

しかも30才になったら死ぬって、30代の私を目の前にして言う話題かね。

だったら30才になったら本当に人生終わりにしろよなって笑顔で念を送ったのは言うまでもない。笑

さらに20代前半の女性からしたら、そんな話だいぶ先だろうし、”まだ全然大丈夫じゃないですか”、とフォローさせる始末。しかもほぼ初対面だからね。いきなりそんな話されても困るわな。後で同世代の友達との良いネタになっただろう。

 

ちなみに彼女は営業職なのだが、周りの空気読めないとかかなり終わっている。

仕事の方も心配になるが、たしかに新規営業では成績は良くないし、最近は自然とフォロー担当になっている。

 

 

でも実際にこういう考えの女性の方が多いんだろうな。

実際に周りにそういう考えの女性(男性でもあまりいない)がいなくて、そんなこと言う人とは友達にもなったことがなくて、こんなにリアルに直に聞いたのは衝撃的だったかも。正しくは、そういう人もいたんだろうけど、仲良くならなかったんだろうな。

 

こうやって女性は自ら自分の位置を下げて、価値も下げて、未来の可能性すら閉じてしまう。でもそういう人が専業主婦になれるほどの稼ぎの良い男性と結婚できる可能性は低く(稼げる賢い男性は賢い女性かもっと若くて素直な女性と一緒になる)、こういう女性は嫌だと言いつつ、30才を過ぎようと40才を過ぎようと出世はせずに20代と同じくらいの年収でしぶとく働き続ける。年上にも年下にも気を使わせながら。

 

私が仕事で出会う女性は、高学歴で仕事に精を出して踏ん張る女性が多かったのかもしれない。少なくてもこんな風に自分の価値を下げるような発言はしなかった。

旦那に寄生して生活していきたいとか、○才になったら女性として終わりとか、そういう考えを本気で言っている人はいなかった(冗談や雑談では話題にはなるが)。

 

この差はなんなんだろう。家庭環境、教育、学歴、新卒の会社、先輩・上司、それとも性格なのか。

 

 

彼女は同じ会社だからこそ出会った女性であり、こういう考えの女性がいてもまったく構わないが、やっぱり仲良くはなれないな。

でも、女性の最大の価値を若さだと自らが女性の価値を底辺に置く女性が、最先端の技術やサービスを生み出すIT系スタートアップにいるのはなんだか違和感。。

 

彼女を見ていると、下っ端だからと業務外の雑務を拾ってパンパンになってて、いつまでたっても万年雑務・事務係を好んで受け持っているよう。自分が一番下っ端だからやらないと…という意識が強いのだが、後輩もいるしそろそろ卒業したら?とも思う。

 

今の会社に入って数年、彼女自信はレベルアップできたのだろうか。傍目に見ていてもちょっと分からないのは、彼女自身にそういう気がないからかなと思う。

 

もうすぐこの組織を離れる身なので、客観的に見てみようと思ってみんなを観察している。

 

 

まあ客観的な視点を取り除いて素直に表現すると、、

30才になったら人生終わりだとノタマウ20代後半ユニーク顔面低学歴&地頭悪し下流下品な貧民女性は、本当に30才で人生終わりにしろよ約束守れよ

ってとこかな。

早く楽になったらいいさ。さようなら。

 

映画「ヘルタースケルター」の沢尻エリカっぽさ

沢尻エリカすごいなー。ノンフィクションにも思えたよ。

 

f:id:sallychan00:20171112195635j:plain

 

特に始まって数分後に現れる沢尻エリカのおっぱいは美しい。

そんなに大きくはないけど、きれいな形で柔らかそう。天然ものですな。

逆に乳首がきれいなピンクであれは天然かしら…?と疑問。

 

あとは前半、彼氏(っぽい)役で登場した窪塚洋介とのラブシーンもよかったー。窪塚が好きなだけという理由もあるが。。

でも今回は窪塚っぽさがなくて、普通の男性役だったな。まあ脇役だから仕方なし。

 

劇中では、女王様っぷりが爆発していて、やりそうだわーありそうだわーと思うこと三昧。

自分のマネージャー(女性)にキスするし愛撫するし、自分の舐めさせるし、マネージャーが同棲中の彼氏と目の前でヤっちゃうし、自分の前でマネージャーと彼氏をヤらせるし、ふたりに犯罪を犯させるし。

そのマネージャーは寺島しのぶだったんだけど、彼氏役が綾野剛だった時点で寝取られるなと予想できた。

そういう配役ですよね。

 

 

一番好きなシーンは、自宅で顔が崩れてきた自分を見たりりこが泣き笑い発狂するシーン。

ほんとすごいから、ほんとっぽいからおすすめ。

 

 

個人的には沢尻エリカはそんなに悪い人には見えないけれど、わがままだったり高飛車だったりなイメージがついてて、でもそんなイメージのさらに上を行く、振り切ったわがままなタレントの役が板についててかっこよかった。

 

 

ヘルタースケルター

ヘルタースケルター

 

 

 

「会社は学校じゃねえんだよ」と社長に伝えたい

今の会社の社長はかなり我が強い人で、人としての成熟度合いは最低ライン。客観的に見ても、人望はない。

それでも社長としてやってこれているのは、圧倒的な知識量と政治力。そして人をマインドコントロールできるくらいの自信かな。

ただ、社長も年齢も重ねてきて、実力のピークは過ぎているように思う。。

 

f:id:sallychan00:20171111114810j:plain

 

ベンチャー企業の社長なんて、少しくらいバランス悪くて尖っていた方が、安定した大企業の人たちから見たら”何かやってくれるんじゃないか”と期待してもらえるみたい。

 

プレゼン能力は高いから、たまに会うくらいの社外の人たちには期待値コントロールできているんだろうけど、毎日顔を会わせる社員からしたら人望のなさ・信頼感が地に落ちているので、嫌っている人たちも多い。

 

ただ、社長を嫌っている割に、ベンチャーでも在籍期間が長い社員が多いのは、ゆるゆるの規則のせい。毎日遅刻しても誰にも何も言われないし、定時で上がれることの方が多いし、ダラダラ遅くまでいても残業代つくし。

だから長くいる社員はメンタルが腐っている。どうみても健全なわけなくて、仕事のやる気もないし、転職活動さえやる気が出ずに今が楽だから居続けている人がほとんど。

ずっといるとああなってしまうのも分かるけど、もうそれは同類だよ。。

 

と、話がそれたけど、こんな社長は嫌だ、の例。

仕事じゃなくて学校生活みたいなだーと思ってしまういろいろ。

===

◆悪口大好きで執着心が半端ない

とにかく話す内容の9割が悪口や何かへのディスり。話している間は独演会でいかにも楽しそうで止まらない。

悪口の対象は競合他社の場合もあれば、取引先だったり、まったく関係ないけど今話題の企業だったりとにかく見るものすべて傷つけたいご様子。

 

しかし、社外に目が向いている間はいいんだけど、社内も悪口の対象となり得る。

そう、社員の悪口も容赦なく、それが一番盛り上がる。。辞めた社員はもちろん、在籍中の社員に対しても。

ヘタレだから本人にはその20%くらいしか言ってないのだけれども、他の社員が延々と悪口を聞かされるわけでほんとに勘弁してほしい。

会議は悪口を聞かされる場じゃないんだよ。仕事しろよ。

 

そしてそんなん聞かされるとなると、当たり前に自分も同じように言われる・言われているんだろうなと思うわけで、辟易とする。

モチベーション下がるよね、これは。

 

 

◆相づちだけでも、”○○が言ってた”と脳内変換

その悪口も会議だけでは飽き足らず、わざわざ呼ばれて1on1でも聞かされる。

またそんな話かよって思うけど、社長相手に無下にもできないし、適当に相づちくらい打ちますよ。

 

すると、今度は”○○(私)もXXのこと嫌いみたいでさ”と、別の人に言いふらす。

勘弁してよーどうしたらいいのよ。

 

みんな社長の性格はある程度理解しているものの、本人の耳に入ったら良い気はしないよね。

なぜそんな社内の雰囲気を乱すことをするんだか、意味が分からない。

 

 

◆役員からアルバイトまでとにかく平等

相手が役員だろうが正社員だろうが契約社員だろうが派遣だろうがアルバイトだろうがインターンだろうが、とにかく平等。

一見良さそうに聞こえるが、良い意味よりも悪い意味の方がアクティブ。

 

みんなそれぞれの役割で雇用形態と給与という対価をもらっているわけだが、誰でもできないことを糾弾される。

 

アルバイトで庶務レベルのことができないのが目につくと、すぐに呼び出して怒ったり、その上司にすぐに注意するように騒ぎだす。

そして有期契約のメンバーの場合は、すぐに終了しろとか言い出す始末。

 

社長がわざわざそれを気にするのか?マネジメントは全然できない人だけど、自分の役割ってものを理解していないんだろうな。そんなことよりもっと大きな問題が山積みなんですが。。

どういう思考回路だろうか。

 

 

◆全女性社員が恋愛対象

セクハラを越えて、全員が恋愛対象だそう。ただただ気持ち悪い。

本人が公言しているわけだが、どういう心境でこの発言を社員にするのか教えてほしい。

 

もちろん合意をしている社員などいなく、みんなに嫌われているのだが、なぜかその事実だけは受け入れてもらえない。

 

体験談としては、ホテルに誘われたし、俺の子どもを産んでほしいとも言われたよ。

セクハラなんてかわいいもんじゃなく、犯罪だよね。

犯罪をおかす前に、一度死んだ方がいいのではないかと思う。

 

===

 

おそらくこの社長は、猛烈なコンプレックスから出来上がっていて、そのコンプレックスを燃やして稼働しているのだと思う。

たしかに誰よりも努力して誰よりも長い時間働いている(まさに生活=仕事)のだが、自分以外を敵視しているようで、視点の中に自分と比較しての優劣を必ず入れ込んでいる。

会社単位だったり、個人単位だったり、自分側は都合よく置き換えているけれど、とにかく自分が一番だという意識が強い。強すぎて気持ち悪いほど。。

どんなに成功してもコンプレックスは消えないんだろうな。

 

どうやらサイコパスみたい。

 

ただ、社会を変えるほどの力はなさそう。

社長としては若いのかもしれないが、20代ベンチャー社長ほどの勢いやポテンシャル・新しいアイディアはないし、50代以上の大手企業社長ほどの経験や人望・政治力はない。

中途半端なんだよなー。

 

おそらく彼個人としてのピークは会社を立ち上げた頃なんじゃないかと。

というのも、会社員だったころの彼がヘッドの部署の人数と、今の会社の社員数が同じ。その頃から10年近く経っているのに規模が同じってことは、彼のキャパがその人数。

 

今後はそのプレゼン力で、いかに会社を大きくしてくれそうな良い幹部候補を集められるかにかかっている。

会社を大きくしたいのなら、他の人にマネジメントやら経営を任せた方がいい。彼の苦手分野だからな。

これを本人が自覚しているかどうかは分からないが。

 

 

ってもう私は辞めるから、大きくなろうが現状維持だろうが関係ないけれど。

ただ、倒産だけはちょっと嫌かな。”前職は倒産しました”ってなんだか悲しい。

 

 

ワンマンなベンチャー企業ならあるあるなことのような気もするし、それほんと?って驚かれそうな気もする。

まあ、今となってはこれも良い経験だったと思えるよ。

 

 

映画「間宮兄弟」日常淡々系

おもしろそうな映画だと思っていたんだけど、、私が期待するような内容ではなかったかも。

というか飛ばし飛ばしで観ちゃったので、雰囲気全体を味わえなかったかもしれないなあ。

 

f:id:sallychan00:20171111112943j:plain

 

一緒に暮らす兄弟の日常を描いた作品。

淡々と淡々と、って感じ。

 

日常淡々系は好きなんだけど、あまりピンとこなかった。

 

 

作品の趣旨とは大きく離れるけど、沢尻エリカと北川景子が姉妹役だった。

いやそれって最強でしょ…!と思った。

 

有名になってからはそうでもないけれど、まだ名が売れる前の北川景子はけっこうアホっぽくて軽そうな女性の役が多い気がするな。

ふにゃっとした笑い方のせいかもな。たしかに似合っているけど。

 

今はあまり笑わない役の方が合っている気がするな。

THE・美人は怖い役だったり悪役の方がハマると思う。

 

間宮兄弟

間宮兄弟

 

 

 

辞めると伝えたことで得られた安堵とすっきり感

退職することを上司に伝え、最終出社日や引継ぎについて調整し始めた頃、かなり大きな心境の変化があった。

 

f:id:sallychan00:20171104123727p:plain

 

転職したことがある人なら、分かってもらえると思うが、、

これでやっと終わるんだ…だという安堵感と、これまで溜め込んできた不満や心配事がすべて流れ落ちたようなすっきり感を感じている。

 

業務や人間関係で変化があったわけではない。

ただ、自分の気持ちの持ちようが変わっただけである。

それだけでこんなに感じ方が違うんだ、、と自分でも驚いている。

 

 

月毎、四半期毎、年毎など、いろいろな締めは存在する。

でもそれは便宜上の区切りであって、働き手としてはこの毎日がずーっと続いていく感覚。

終わりがない仕事の中で、業務上での問題点や心配事、人間関係での不満ややりづらさ、さらには自分のキャリアについての不安なども連動して終わりがない。

むちゃくちゃな組織の中で、常に先を考えていくのは辛い。。

 

これは転職したからといって、リセットされるわけではないけれど、その会社特有の問題で、それを自分で対応しようとしたものの、会社の方針や関わる人たちとの方針で実現できないことってある。

そういう問題からは少なくとも転職することで、離れることができる。他の会社にも同じような問題はあるだろうし、また別の大問題もあるんだろうけど。

逃げているようにも見えるけど、ずっと無理して付き合っていくのは耐えられないから、たまにはいいと思う。笑

 

 

現職でもどうにもならない問題が山積みだった。

転職を考えていないときは、その問題たちが常に頭の中にあって、どうしよう・こうしようと永遠に悩みのループに入っていた。

 

それが転職によって、その問題から物理的に離れられると思った瞬間、その問題たちは一瞬にして消えていった。何も解決はしていないんだけど。。笑

 

同じ問題を目の前にしても、問題の優劣の感じ方は人それぞれで、最優先と考える人もいれば後回しにする人もいる。

 

 

今回の件で、私は問題とか不満点にかなり注目してしまうネガティブ思考なんだなと気づいた。大体は問題や課題が山積みな状態だろうけど、それを実際以上に大変に感じる人と、もう少し楽観的に感じられる人といる。

楽観的な人を見ると、”事の重大さが分かってない!”と苛立つこともあるけれど、他の業務に当たっているときも心配している必要はないわけで。

仕事はもちろん、それ以外でもだけど、心配事があると眠れなくなる程の心配性。。

 

無駄に、本当に無駄に、、常に心配している癖は直したいな。