読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰な生活

「私が楽しくて充実した人生」を送るための毎日

ファイナンシャルプランナーとどう付き合うか

お抱えのファイナンシャルプランナーがいる人ってどれくらいいるもんだろうか。そもそもみんなお金の相談ってどうしているんだろう。

 

f:id:sallychan00:20160125121215j:plain

 (諭吉が笑っている。こわい。。)

 

人生においてお金にまつわる決め事は結構あって、すぐに思いつくものだけでも、保険・住宅ローン・教育資金・老後の資金・投資資金など、まぁ個々人のステイタスによって必要不要は決まってくる。

ちなみに私は今独身のため、保険には入っていない。これは以前テレビで、独身の場合、保険に入るよりも現金で100万円程度持っていれば大概の治療費や入院費はまかなえると聞いたから。たとえ死んだとしても残された家族がいるわけではないし、両親の方が資金は潤沢なので、逆にお世話になるのかもな。

あと、実は社会人がスタートして数年間は金融業界にいたため、投資には興味があり、ちょこちょこと株式投資をしている。とはいえ、しっかり調べて株を選ぶタイプではないし元からものすごい興味があるわけではないので、なんとなく人気の株を買って放置している状態。今はNISAで50万円分も買っていないかな。

その他は何もしていない。今のところ教育資金もいらないし、家も買う予定もない。

 

FPへの相談はクラウドワークスで見つけたので応募してみたんだけど、実はこれは重要なことなんじゃないかと思っている。薄々は気づいていたことだけど、これからどれだけお金が必要で、そのためには今からいつまでにどれくらい貯めて運用しないといけないのか、正直自力できちんと考えたことがない。気づく度に、”なんとかなるかー”って終わりにしていたな。これはもう分かりきっていることだけど、老後の資金ってすごいかかるのよね。

 

前提として、60歳定年・寿命80歳・毎月の生活費20万円、とすると定年後にかかるお金って単純計算で、

月20万円 × 12ヶ月 × 20年間 = 4,800万円

どひゃー。これは最低限必要なお金なわけよね。もちろん病気も怪我もしていない前提。介護が必要になったとしたらなんとも恐ろしい金額になる。

 

今30歳で定年まであと30年だとすると、

4,800万円 ÷ 30年 ÷ 12ヶ月 = 月13万 

すべてを貯金で対応しようとすると、これから毎月13万円貯めないと定年後暮らしていけなくなる。これは無理。そんなに貯めてたら今の生活に響くし、何もできんわ。

 

もちろんあくまで前提の話で、私が60歳の頃には定年の年齢は変わっているだろうし、でもそのかわり年金の受給年も後ろ倒しになっているだろうし、さらには結婚・出産したらもっと早い段階でお金が必要になっているだろうし、なんか変動するものばかりで全然計画立てられないじゃん!ってやっぱり最後は投げやりになった。

 FPがいれば冷静に考えることはできるのだろうか。最初に商品を紹介してあとは放置な気がしないでもない。みんなどうやって決めているのか聞いてみたいけど、お金の話になるといかんせん腹を割って話しにくいので。

 

年金が危ない、老後が危ない、日本が危ないと騒がれていてもどこかで自分は大丈夫だろうとか思ってしまう私。60歳以降のために今からお金を貯める気にはならないけど、もう少し近いところで目標やら区切りを設けて考えていこうかな。